「薔薇はシュラバで生まれる」の感想!漫画がさらに好きになった主婦!

  • 2021年3月14日
  • 2021年3月15日
  • 漫画
  • 0件

こんにちは!アイコ(元ツマコ)です。

漫画を読まない日はありません。幸せの極致です。

そんな日々を過ごせるのは、昔から漫画を愛して漫画を描き続けてくれた方たちがいたからだと信じております!

それを強く思わせてくれたこの漫画、


薔薇はシュラバで生まれる―70年代少女漫画アシスタント奮闘記―

 

アイコ
「70年代少女漫画アシスタント奮闘記」!!
自分が生まれる前の漫画事情なんて!!
旦那エイジ
「薔薇」と「シュラバ」もかけてあるし、「シュラバ」のフォントも昔の少女漫画風でおもしろいねー!

 

今回はこの「薔薇はシュラバで生まれる」の感想をアイコ目線で書いていきたいと思います♪

「薔薇はシュラバで生まれる」はどんな内容?

著者 笹生 那実(さそう なみ)先生(@sasounami

高3の時「笹尾なおこ」名でデビュー。
その後アシスト生活をしながら「笹生那実」或いは「さそう・なみ」として作品発表。
30代で漫画家引退後、40代から20年ほど同人誌活動していたら、お声掛けいただきこのほど32年ぶりの出版となりました。

ー「薔薇はシュラバで生まれる」カバーより

 

アイコ
まずこの時点でめちゃ感動しました!
笹生先生がTwitterでも書いてらっしゃいます。

 

 

エイジ
すごいです。すごすぎます。「好き」をずっと続けてこられたんだねー・・・。

 

その結果がこれです。

 

 

 

色んな賞にもノミネート。

 

 

そんな笹生先生の32年ぶりの漫画の内容はというと・・・

 

「薔薇はシュラバで生まれる」はどんなお話?みどころは?

(我が家の漫画の裏表紙)

シュラバ。

ーそれは、締め切り前の
漫画家とアシたちが、夜も昼もなく、
作画作業に追われる漫画制作の現場。
と同時に、薔薇のような名作が生まれる現場なのです。

美内すずえ、くらもちふさこ、樹村みのり、三原順、山岸 凉子etc・・・。
数々の名作を生み出してきた
レジェンドたちーの元で、
かつてアシスタントをしていた著者の、
とんでもなく貴重な体験を綴るエッセイ漫画。

ー「薔薇はシュラバで生まれる」裏表紙より

 

正直申しますと、名前を聞いたことがある「レジェンドの先生たち」というのはわかるのですが、ほぼ作品を読んだことはありませんごめんなさいっっ!

「ガラスの仮面」は母がずっと読んでおり、私と同世代の安達祐実さんが主人公でドラマもやっていたので知っていました。(故・野際陽子さんの月影先生は漫画からでてきたようにそっくり!)

(懐かしい!!!)

 

アイコ

実家の漫画も既刊は全部読みました!

 

すごく面白くて、一気に読んでしまいました。止まらないんですよ。

その著者、美内すずえ先生も帯でコメントを書いてらっしゃいます。

 

これってすごくないですか!?

完全な裏事情のお話なんですよね!

 

漫画家さんがものすごく大変というのは、知り合いの漫画家さんが

「ま・・・・漫画家は・・・短命よ・・・・」と青白い顔で言ったのを覚えています。
(締め切り直前だったのかな)

この「薔薇はシュラバで生まれる」は、時代は違えど、短命にもなりそうな「シュラバ」が描かれています。

徹夜なんてあたりまえ。

ご飯の存在も忘れるほど。

おしゃれってなに?

 

エイジ
「布団とお風呂しばらくみてない」って若い女性のみなさんがそんな・・・!!

 

このようにすごいシュラバだったのはよくわかったのですが・・・・
でもね、なんかですね・・・めちゃ楽しそうなんです!

 

シュラバ中でもみんなで一丸となって一つの作品を作り上げるって・・・熱い!!

 

読んでてほんとに混ざりたいとさえ思うほどに。(お布団とお風呂は遠ざかるけど)
現在は在宅のアシスタントさんも多いようで、この70年代のようにみんなでワイワイしながら作業することは減ったとか。ちょっーと寂しく感じちゃいました。

 

アイコ
しっかし、笹生先生、だいぶ昔のお話なのによく覚えてらっしゃる!

 

色んなレジェンド先生方のエピソードがあるのですが、先生方の作品を読んでいたらさらに楽しめたのかなと思う反面、その作品たちを読んでみたいって思ったんですよね。
名作っていつ読んでも面白いんですよ!
今は昭和レトロも好きな人多くて、絵柄も「古い」より「新しい」に見えちゃうし。

 

アイコ
めっちゃ可愛い!!!!!

 

こんな一見優雅できらびやかな「少女漫画」もこんな壮絶な(かつ面白い)裏の話があったとは・・・・・。
今は少女漫画も少年漫画と格差なんてなく、なくてはならないジャンル。(60年代末頃は少女漫画は低い位置にあったそうです)
それもこれもこの「シュラバ」で頑張ってくれた先生方がいてくれたからこそ。
知ることができてよかったし、とても感動しました!

 

漫画好き夫婦
そしてこれからも漫画を愛し続けます♪

 

最後にめちゃ感動したことを・・・
漫画の中の美内すずえ先生は「髪が短いマヤちゃん」なんですが、他の先生方のお顔がまたそれぞれ違ったんです。
なんでだろーと思っていたら、インタビューで笹生先生がこう答えられていたのを見つけました。

先生方の画風を意識してお姿を描きましたが、描いていて違和感はありませんでしたね。皆さん、ご自身の作品のキャラクターにどこか雰囲気が似ているんですよ。

ー好書好日|笹生那実先生インタビュー記事より

 

アイコ
「先生方の画風を意識して」・・・・だと・・・??

 

さすが色んな先生たちのアシスタントを経験した笹生先生・・・・それぞれ描き分けるなんて・・・

 

神アシスタントだったんだわ!!

 

と思った瞬間でした。

 

まとめ

 

いやーほんと、「ガラスの仮面」のエピソード見れたときはアガりましたー!

 

アイコ
里見くん好き好き♪

 

他の先生方の漫画も読んで、改めて「薔薇はシュラバで生まれる」を読みたいな思います♪

 

アイコ
この漫画に登場していたタイトルを調べたのですが、あらすじなど見て早く読みたくなった!

 

漫画って昔も今もこれからも、アイコを作っていく上でかかせないものだわーーーー!!!まじ。
でかいこというと、日本も漫画に支えられているよねー。まじ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 読んでくれてありがとうございました♪

最新情報をチェックしよう!