図書館の大魔術師 4巻・大きな謎が隠されているシオの見習い期間が始まる!(ネタバレ感想)

  • 2021年2月26日
  • 2021年3月2日
  • 漫画
  • 0件

こんにちはツマコです!

さぁ、愛する「図書館の大魔術師」。

 

ツマコ
前回は3巻のネタバレ感想を書かせていただきました♪
関連記事

こ、ここここんにちはツマコです。今日も変なテンションツマコです。 前回は2巻のネタバレ感想をお送りいたしました! [sitecard subtitle=関連記事 url=https://wotayori.com/2021/02/[…]

感想記事を書いてて思ったのが、
ほんっとうに、読めば読むほど内容が理解できて、深入りするある意味この本自体が魔術書だわ。
もうね、この漫画読んでるときこんな感じのツマコです。

(1巻の2話より)

 

ツマコ
ズッっとはいりこんじゃうよねー!

 

さぁ、現在(2021年2月)既刊されてるなかで一番新しい4巻!


図書館の大魔術師(4) (アフタヌーンコミックス)

 

ツマコ
右がシオでー、左がアルフですよねー、真ん中の君はだれだー!
って感じの表紙♪
では今回はこの4巻のネタバレ感想をツマコ目線で書かせていただきます♪

「図書館の大魔術師」4巻の内容は!?

目次

【第十五話】 大陸は狭く飛ぶよセラーノ

【第十六話】 貴族来たりて血を垂らす

【第十七話】 限りなく透明に近い未来

【第十八話】 老師は偉ぶる圕の王

【第十九話】 アフツァックで再会を

 

ツマコ
前回の3巻に引き続き、司書に合格したこの巻ももう完全に漢字の目次だねー!
今後も漢字でしょうー。

 

「図書館の大魔術師」4巻のあらすじ

【第十五話】大陸は狭く飛ぶよセラーノ

第二章は、違法をした図書館を取り締まる司書(カフナ)達の場面からはじまります。

「取り締まれる側」からしたら面白くはありません。

 

ツマコ
けど悪いことはいけないよねー

 

 

責任ある仕事をしてる司書たち。そろった時はなかなか壮観でした!
そして、シオは空も飛べるセラーノ族のヨウィーの背で快適に移動中。

いろんな場所の見学をしながらアフツァックに向かっています。

さぁそしてアフツァックについて、同期と初対面です。

 

エイジ
知っている人たちもたくさん受かっている模様♪よかったねー!

もちろん初めましての人たちもたくさんでこれまた濃い人たちばかり!

 

ツマコ

オウガは相変わらずノリノリの人差し指ポーズで気分上々だね!(3巻ネタバレ記事参照)

また、女性ばかりの見習い司書たちの中で、男司書がいるー!と喜んでいるメンズ新キャラもいました!

 

しかし、その端でこれまたもめ事を起こしている新キャラ達・・・・

 

エイジ
これまた・・・なかなか濃い同期がそろったようで・・・

【第十六話】 貴族来たりて血を垂らす

さぁ前話からの続きでまだもめてましたよ~。

ツマコ
これまた別の濃いキャラの子が仲裁に入り事なきを得るが今後一体どうなることやら。

 

この話では大体の見習い同期や先生たちを把握することができます。

 

エイジ
他にも見習いたちのざっくりとした生活の様子がみられるがなんかちょっと楽しそうー

おーとうとう制服も着用してますね♪

 

ツマコ
はじめて制服を着た時のシオを見たときは感慨深かった!

 

そして実は厳しい主担任のイシュトア=セロス先生にシオも見たことない表情になったり、

いきなりのテストがはじまったり、

 

シオの一年という長いような短いような見習い期間が始まった!

 

エイジ
そして・・・・・この話にはこの本自体の超重要人物が登場・・・!!!

【第十七話】 限りなく透明に近い未来

いきなりのテスト、時間内に解くことができなかったシオは今後自分が同期の足を引っ張ってしまうのではと恐れ、落ち込んでしまう。

そんな時に行われた意識調査。
正式な司書になるにあたってどこの室に所属したいかを記入するもの。

中央圕は地方図書館と違い業務が12の分野にわけられている。

 

みんなは自分が行きたい室がすでに決まっている模様。

一方、シオだけはどの室も必要で大事だと思っており、自分がどの室で頑張っていけるかを見つけられないでいる。

そんなシオに主担任イシュトア先生は、成績上位3名だけが希望の室に行けることを伝え、第一希望のみが決まったら教えにきなさいという。

 

ツマコ

それを聞いたシオはその上位3名の座を勝ち取るべくやる気が戻ったんだね!

 

【第十八話】 老師は偉ぶる圕の王

シオはセドナに出会ったときに借りた本のことを考えていました。

内容は嘘か本当かわからない、ただ、この本は世に出回っていない本。そして、

エイジ
こここここわい本だわっ

 

 

そして入館式がはじまるよー!

 

ツマコ

中央圕のみんな勢ぞろい!!

シオを送ってくれたセラーノ族のヨウィーさんもいらっしゃる!
おーーー精霊さんも迫力あるぅ!!

Name
てか可愛ーーー♪

そして街中でシオと出会ったおばあさん、「図書館の大魔術師」ことコマコ=カウリケの挨拶がはじまります。

はっきりいってかっこよかったですおばあさん!!!

今一度みんながやるべきことがよくわかりました。

その後、12の各室の室長「十二賢者」の紹介。

 

エイジ
これまた見開きで壮観でございます!!

 

そして一番左にセドナの姿を見つけたシオ。あんなにすごい人だったのかと感嘆のため息。

式も終わり、退出して移動する途中、風を感じ振り向くシオ。

そこにはセドナの姿が!

 

ツマコ
そして久々の感動の再会だーーーー!!!

【第十九話】 アフツァックで再会を

7年ぶりのセドナ!!

ツマコ
美しかっこいいーーーー!!!

相変わらずのかっこつけで安心します。セドナと久々に会話をするシオの顔が幸せそう♪

もちろん成長した姿も見せます。

シオはセドナに借りた本を返そうと思いましたが、セドナに本の感想を聞かれます。
シオは答えます。その本がどれだけ危険な本かということを・・・。

結局、本は「君が持っていたまえ」とのこと。

それからシオは約束します。

そして4巻もとうとう終わります・・・

この終わりに・・・・・え・・・・!!??

 

エイジ
ナレーターがとんでもないことぶっこんでやがりますわ!!

 

この再会がとんでもない再会であることを残して終わります。

 

ツマコ
ちょ・・・・!!!!5・・・5巻・・・・!!!!
早く5巻をぉぉぉぉぉ!!!

あーーやばい終わりかたでした!!

「図書館の大魔術師」4巻のネタバレの見どころ!

 

ツマコ
ではいろいろヤバかった4巻のネタバレ見どころをツマコ目線でご紹介します!

【第十五話】のネタバレの見どころ!

セラーノ族のヨウィーさんの背中で移動中、今までみることがなっかったニガヨモギの使者の傷跡である大陸の多くを覆う霧「灰白質の死」の世界を見れました。

 

エイジ
この霧の中でも多くの命があることがわかっているらしい!

ツマコ
ぶ・・・不気味だ・・・!!
なんだか風の谷のナウシカの腐海のイメージだなー!

 

はたして今後この世界はどう関わってくるのでしょうか!

 

【第十六話】のネタバレの見どころ!

さて前話の十五話は同期のみなさんとの初対面の回で、この回も引き続き同期の人たちのことがちょっとわかる回!

まず同期27人中メンズは3人!

 

このスモモ=カヴィシマフ君!こんなことを言っていました。

「母親なんてクソ怖ーぜー。 キレると背後に蛇のオーラが見えるんだ」

 

ツマコ
・・・おんや?このフレーズどこかで・・・・

 

エイジ
へ・・・蛇のオーラしょってるこの方は確か・・・!!

 

そう、1巻でセドナ達と一緒にシオのいるアムン村にやってきた司書、アンズ=カヴィシマフさん!

 

ツマコ
ラストネームが同じ・・・お母さまだったのですね・・・!!

 

さぁ、そしていきなり始まった実力テストのことなんですが・・・・
制限時間内に終わらなかった生徒3人。
シオ、
オウガ、
そしてこの方、あらすじで載せたコマのこの方!なんかもめてたこの方!

 

平伏しなさいとか言ってるけど、めっちゃテスト終わらずめっちゃ頭抱えてたよ。

1ページまるまる使って悩んでいたよ。

これは何か裏のある少女なのか・・・

ただの女王気取りだけどおべんきょできない子なだけなのか・・・・

 

ツマコ
今後も追っていきたい案件です。キリリッ

 

そしてなんといっても、この回の大目玉・・・・!
一番最後に名乗りました27人中最年長のこの方・・・!!!!

 

エイジ
ん・・・???ソフィ=シュイムさん・・・??どこかで見たような名前・・・

 

はい!!漫画の表紙に書かれていますね!

 

ツマコ
どどどどどどどゆこと???

 

ここはめっちゃ見どころなのですが、めっちゃ謎なとこでもあるので、下記の「気になる謎なところ」で深堀りしたいと思います!

 

【第十七話】のネタバレの見どころ!

意識調査が行われたこの回。

室への希望は第三希望まで記入できるものだったが、シオがまだ選べないといったときイシュトア先生はなんとシオの進路希望用紙をビリビリと破き始めた!

第一希望のみが記入できるように。

 

ツマコ
しかも見開きだったため豪快にみえました!
その後、職員室でイシュトア先生がこのようなことを語っています。
子供はみんな自分には大きな才能があると自惚れ、勘違いをしている。
しかし己の限界を知ったあとは事実を受け入れ渋々生きていくのだ、と。

 

エイジ
夢がないようだが、とてもリアルだ・・・

 

そしてこう続けます。
しかし、そこから自分を信じて足掻くものがでてくる。
そしてそれが時代の流れを動かすことになるかもしれない。

 

ツマコ
シオのことを指しているのでしょうが、イシュトア先生はシオの中に何か見つけたのかなー!

 

【第十八話】のネタバレの見どころ!

コマコばあちゃんがかっこよかったっていうのはあらすじでお伝えしました。

ツマコ
深い・・・・深いぞ・・・・!!!
これはこの世界の話だけなんかじゃないですよね。
あの有名な猫型ロボットも同じこと言ってます。
©藤子不二雄|ドラえもん

ひとつのことでも表裏あり、見る人によって正義にも悪にもなる。

よってコマコばあちゃんは

「書を護る!その目的ただ一つ・・・!」

とはっきり示してくれました。

 

ツマコ
一番初めに言ったこの言葉も際立つね!!

 

その言葉が載ったコマを再び載せます。

 

エイジ
響くわーーー!!

 

【第十九話】のネタバレの見どころ!

十八話の最後に、「ザンッ」って効果音とともに見開き2ページで紹介された12人の室長達がまーーーかっこよかったこと!!

 

ツマコ

そしてなんといってもセドナとの再会!!

 

いやね、普通に感動の再会かと思っていたんです。

けど、あらすじにも書いた通り最後の最後にとんでもないものをぶっこんで4巻が終わりましたよ。

それはこのシオとセドナの再会が、

 

「世界を護る英雄と世界を滅ぼす魔王」

 

との再会だっていうんだもの!!!

絵からして「世界を護る英雄」はシオで、
「世界を滅ぼす魔王」はセドナにあたると思うんだけど…衝撃的でした・・・・!!!

 

ツマコ

なにこの反対の設定!!!二人は敵同士になるの!?とか思っちゃう・・・

 

「図書館の大魔術師」4巻の気になる謎なところ!

 

ツマコ
ではでは気になったことがあるところを書きだしてみたいと思います♪

 

【第十五話】の気になる謎なところ!

「腸起源」は、大陸に住む民族は一匹の小動物から別々の形に変化したという考え方だが、セラーノ族は人が生まれるはるか昔から大陸に住む民族という伝説もある。

なので人とセラーノ族はまったくの別種。

まったくの別種なもんだからヨウィーさんはこんなのことを・・・・。

 

「これは人の問題だから」

 

 

ツマコ
ちょ・・・!シオよ・・・!もっと詳しく聞いてほしかった・・・!

 

しかし、まだヨウィーさんは話している途中のようですし、この後に余分な小さなコマがあるので、もしかしたらこの続きもシオと話しているのかもせれませんね。

でも・・・この霧のことを「人の問題」とは・・・「ニガヨモギの使者」とは一体・・・!?

 

【第十六話】の気になる謎なところ!

まず、最初の気になるところは、

ココパ族のペペリコちゃんが同期初対面の場所で仕入れた情報、

「今期の見習いの中で図書館の大魔術師の二代目候補がいる」

 

ツマコ
なんですとーーー!!!
シオが「魔術師様に二代目とかあるの?」と。

 

エイジ
ん~~~これは気になるね!!!

 

そして、今巻最大の謎ソフィ=シュイムねーさん!!!

 

ツマコ
十六話一番最後のページ、まるまる1ページ使っての自己紹介!

 

エイジ
重要人物じゃないわけない!

 

確かに表紙にはこうかかれています。
画   泉光(いずみみつ)
原作  「風のカフナ」
著   ソフィ=シュイム
訳   濱田 泰斗

しかし奥付(巻末に著者名、発行所など色々書かれている場所)には、

著者 泉光

のみ!

 

ツマコ
そして、今は休止されていますが泉光先生のTwitterのアイコンがソフィさん!!

泉光先生(@izumimitsu1102

 

原作「風のカフナ」だから明らかにセドナをさしてそうですよね。

そして一巻の一番初めにはこう書かれています。

 

「この物語を 私の英雄のために」
ーソフィ=シュイム
「風のカフナ」冒頭の言葉

 

さもこの本が実在するように書かれてあり、作りこまれて鳥肌!!
ソフィは誰のことを「英雄」とさしているのか。

 

ツマコ
いやーーこれは一体どういう結果に持ち込まれるのか・・・・・

 

エイジ
すごすぎる面白すぎる!!!

 

そしてもう一つ、はじめて副担任の先生たちが紹介されたシーン。
「訳あって1名ここにいないが総勢27名」

 

ツマコ
訳あっていない!?

 

この辺りは気になることが多いから、最後に同期のみんなのことをこれまた深堀するとしましょう。

 

【第十七話】の気になる謎なところ!

この回で気になるところはただひとつ!

このシーンは主担任のイシュトア先生が話しているシーンなんだけど、

 

ツマコ
カドー族のこの女子だれよ???気になるわ
これはやはり話しているイシュトア先生のビジョンなのかなー。
そもそもカドー族は、
黒髪
金色の目
額の二本の角
これらが特徴だけど、ビジョンだから髪の色は黒くぬられていないのか、

 

エイジ
はたまた・・・え???シトラルポル的な!?

 

そもそも話に全く関係ないただのビジョンかもしれません。
が、色々謎を残すこの漫画は何かにつながってそうと思ってしまいます。

 

【第十八話】の気になる謎なところ!

セドナから借りた本、世界を滅ぼす力がある本に触れているところ。

「これは一人の少女が見た世界をえがいた物語」

 

ツマコ
そうなんだ!
そしてこの本の冒頭には、

こう書かれてあるということを1巻の2話でセドナが話してくれています。

さらに、3巻のはじめにも

 

「書を護ること

 それ即ち

 世界を護ること也

ー帰らなかった者の言葉ー
名もなき本にて」

 

と書かれていました。

 

エイジ
ということはこの「名もなき本」はセドナから借りた本のことだねー

 

そして「帰らなかった者」と言えば・・・
ニガヨモギの使者討伐で唯一帰ることのなかったポピ族の英雄「理の大魔術師」

 

ツマコ
この人のことかなー

 

エイジ
つまり一人の少女が見た世界を理の大魔術師が本にしたってことかー?

 

いきなり少女?と思ったけど、今この記事書いてて、ちょーど前話の謎に見知らぬ少女がでてきてるから関係あったりするのかなーなどなど考え出したら頭から煙でてきました。

 

それともう一つ、12人の守護室長が紹介されたとき、アルフが言った言葉、
「あれがセドナ=ブルゥ・・・
魔術学園の御三家とどっちが上なのか・・・」
な・・・なんだと・・・??
「魔術学園」に、そこの「御三家」なんてまたまた超絶ワクワクキーワードをさらっと言ったよアルフくん。

 

ツマコ
今後これらのお楽しみが増えたわけだ!!

 

ってか、アルフくんご本人も何気にまだまだ秘密がありそうなんですよねー。
ん~~気になる。

 

【第十九話】の気になる謎なところ!

いやーーこの回は、「ネタバレの見どころ」で書いた、

 

「世界を護る英雄と世界を滅ぼす魔王」

 

これがただひたすら気になる。

シンプルに気になる。

とにかく気になる。

早く5巻が読みたくてはげそう。

 

ということで、各話の気になるところをかいてきましたが、最後にシオの同期たちの気になるところがでてきたので、それを書きたいと思います。

 

シオの同期の見習いたち!

メンズ三人よ・・・・女子の中でもまれるがいい・・・!!

 

エイジ
メンズに関してはそんだけかい(笑)
ツマコ
いやーちょっと女子の方が気になること多くて

 

まずこの子達よ。ラコタ族の娘たち。

 

ツマコ
格好は中国娘だけど、名前はめっちゃ日本っぽいわ

 

エイジ
しかもラストネームがなんか色の名前っぽくない?

 

アヤ=グンジョー(ここはグンジョじゃないんだ・・・)
カナ=ミドリィ
ユキ=チャイロゥ
ちなみに、見習いではないけどラコタ族のみなさん
チセ=レッドウ(副主任)
ミサキ=ヴェルドー(ミサキとシンジはセドナの補佐)
シンジ=ヴェルドー(ヴェルドー色?ボルドーでなく?)
そしてセドナ=ブルゥ
セドナだけ日本っぽくない名前だな。

 

ツマコ
何か関係あるのかないのか現状わかりませんっ

 

さてお次は、

ここで気になるのはサエ=フミス(左上)
シオ=フミスとラストネームが同じ・・・!!

さらっと、「おそろいだねー」で終わってますが、何か関係あるのかなー。
シオのお姉ちゃん(ティファ=フミス)のほうかなー。
けど、お姉ちゃんはハイダ族(茶色い髪の少数民族)ではないしなー。

 

ツマコ
あー・・・また考え出したら頭から煙が・・・・ふしゅ~
あとは、オウガと一緒で手で何かを現している子いるなー。
上の図では左下のキラハ=キャムナン。
紹介文では見にくいけど、この手のポーズしてるねー。
(4巻裏表紙)
ツマコ
オウガみたいに意味があるのかなー
エイジ
スタートレックのバルカン人・・・??
©スタートレック

(親指が若干違うなー)

そしてお次、

うん。この子たちはあまり友達になりたくないタイプの人たち。

はい、お次は・・・

この子達・・・図の上の方に「両手の火傷」って書いてあったから、

ん?手を焼く?ってこと?って思ってたら、紹介文に全員「手を焼いている」って入ってた(笑)

 

ツマコ
どういうくくり方っ(笑)
ミホナに関しては「自分に手を焼いている」って(笑)

年長組と最年少の子!

 

エイジ
ソフィさんお子さんがいらっしゃるんだねー!

 

そして最後、

 

ここでは見習い服だけど、サラ=セイ=ソンの私服は着物だよねー。
そこは日本が入ってるねー。

 

そしてここで最大の謎な人物・・・。「第十六話の気になる謎なところ」でも触れた、

「訳合っていない1名」の後ろ姿が・・・!!

 

ツマコ
5巻とかにでてくるのかなーーー
重要人物なんだろうねー!

 

お名前からしてミドルネームが入ってきているから、
クリーク族か、カドー族なんだろうけど、
クリーク族のようにケモ耳はないし、カドー族のように黒髪でもない・・・

 

ツマコ
一体何者!!??

 

ん・・・?黒髪ではないカドー族ってワード、どこかで・・・
あ、「十七話の気になる謎なところ」で書きましたね!
さすがに関係ないかなー。
この図の四人の上のところの紹介に、「鋭利な個性」って書かれてあるから、めっちゃキャラたってるのかなー!

 

ツマコ
登場がめちゃ楽しみ!!

 

総勢27名!
まだスポット当てられていない子もいるから、今後どんな活躍をするのか見ものですねー!

 

ツマコ
この中に(3巻のネタバレ記事で書いた)悪者はいるのだろうか・・・。

 

まとめと余談

 

さぁ今(2021年2月)でている4巻までのネタバレ記事を書いてまいりました!

いやーーーー書きながらもどんどん気になることが増えるし、

これまた読み返した時また泣いちゃうし、いそがしかったわーーーー!

ほんっとうに続きが気になるし、世界中の人に読んでほしい!!素晴らしい漫画です!!

 

そして余談というか、表紙のカラーで気になるところを書いて終わりにしたいと思います。

 

まず、今回の記事でカドー族の特徴は

黒髪
金色の目
額の二本の角
と書きましたが、3巻の表紙のエダン先生であろうカドー族の方の目が黒にしか見えない件。
光具合なのか、設定が決まるのが後だったのか・・・。
(アップにしたら下のほうはちゃんと金・・か・・・?)

 

もうひとつ、ラコタ族は
深い紺色の髪
大きな耳たぶ
が、特徴ですが、2巻のセドナの髪の色が黒にしか見えない件。
光具合なのか、設定が決まるのが後だったのか、他に何かあるのか・・・。
3巻のそでに描いてあるアヤちゃんはちゃんと深い紺色でした。
と、人によってはどうでもいい内容で締めくくりたいと思います。

 

ツマコ
ここまで読んでくださってまじでありがとうございましたぁっ!!!

 

そして、ここ4巻までのネタバレ記事でお世話になりました「使えるコマ」の提供をしてくださっているサイト、アル様!
ありがとうございました♪深々っ!!!
本当に、ほしい!ここに使いたい!と思ったコマばかりでめっちゃくちゃ助かりました!!
関連記事

こんにちはツマコです。 少し前に、これまた表紙に惚れて即買いしたこちらの漫画。   図書館の大魔術師(1) (アフタヌーンコミックス)   もうなんかすごくないですか!? めちゃくちゃきれいで、すごそうな物[…]

関連記事

こんにちはツマコです! さて、前回はネタバレ少なめで「図書館の大魔術師」を紹介させていただきました。 胸熱で。   旦那エイジ 本のカバーの秘密は、ワシ、テンションあがったー!   […]

関連記事

連日、「図書館の大魔術師」を読み返しては感動しているツマコですこんにちは。 前回は1巻のネタバレ感想を書かせていだだきました! [sitecard subtitle=関連記事 url=https://wotayori.com/2[…]

関連記事

こ、ここここんにちはツマコです。今日も変なテンションツマコです。 前回は2巻のネタバレ感想をお送りいたしました! [sitecard subtitle=関連記事 url=https://wotayori.com/2021/02/[…]

ブログランキング・にほんブログ村へ 読んでくれてありがとうございました♪

最新情報をチェックしよう!