図書館の大魔術師 3巻・激熱の第一章が幕を閉じる!(ネタバレ感想)

  • 2021年2月23日
  • 2021年3月2日
  • 漫画
  • 0件

こ、ここここんにちはツマコです。今日も変なテンションツマコです。

前回は2巻のネタバレ感想をお送りいたしました!

関連記事

連日、「図書館の大魔術師」を読み返しては感動しているツマコですこんにちは。 前回は1巻のネタバレ感想を書かせていだだきました! [sitecard subtitle=関連記事 url=https://wotayori.com/2[…]

 

さぁ、いちばん分厚い3巻ですよ。

 

ツマコ
ツマコ的に一番熱い巻です!


図書館の大魔術師(3) (アフタヌーンコミックス)

 

おや!もう表紙のここに飛んでますね!
この巻にでてくる「ヤツ」が!

 

ではでは今回はこの「図書館の大魔術師」3巻のネタバレ感想をツマコ目線で書いていきたいと思います♪
そう、胸熱で。

「図書館の大魔術師」3巻の内容は!?

目次

【第十話】  仮面と魔術師

【第十一話】 カフナは田舎者の夢を見るか?

【第十二話】 念の為にいたる病

【第十三話】 少年と老婆

【第十四話】 私が育てた少年

 

ツマコ
なんだかすっかりひらがなから普通の漢字で書かれるようになりましたね!

 

「図書館の大魔術師」3巻のあらすじ

【第十話】  仮面と魔術師

二次試験は面接。
面接時にハプニングがあり、落ち込むシオに知り合ったばかりのカドー族のサラ=セイ=ソンが声をかける。

そして魔術に興味のあるサラは、シオにマナの体質のことを話す。

 

ツマコ
その体質がきっかけで、面接のハプニングはおきたみたいー

 

その時に現れた図書館の守護者、守護室の魔術師の光の魔術に二人は感動し、

舞台は第三次試験に!

 

旦那エイジ
この魔術師、とんでもない生き物つれてたーー!!ひぃぃぃ

【第十一話】 カフナは田舎者の夢を見るか?

第三次試験は実技試験。

三人一組になり制限時間内に課題をこなすというもの。

シオは直前に知り合ったヒューロン族とクリーク族の混血であるオウガ、
そして性格悪そうな「念のため」が口癖のナチカ(デコがまぶしい)とグループになる。

さっそくナチカから、カフナになる理由の話で「田舎者」への洗礼を受ける。あー性格悪っ。

空気は悪くなり、果たしてうまくいくのか・・・

ツマコ
そら、シオもカチーンときちゃうわ

【第十二話】 念の為にいたる病

ぶつかり合いながらも、それぞれの持ち味をいかして課題に取り組んでいく三人。
果たして第三次試験が合格するのか・・・!

 

ツマコ

ちょー短いあらすじになったけど、たった1話だけどページ数も多く、内容もめちゃめちゃ濃い!!

それは課題の内容がめっちゃ作りこまれているのもあるから!

エイジ
これはぜひ読み込んでほしい♪
基本雑な人
しかしここでもナチカの「念のために」が炸裂しています。めんどくさっ
エイジ
しかし最後はナチカもちょっと好きになる終わり方だったね!

【第十三話】 少年と老婆

全ての試験も終わり、本の都の見学にでかけるシオ。

そして一人のおばあさんと出会う。

そして一緒に「理の大魔術師」の像がある公園へ。

そこで1巻ででてきた精霊と同じような模様の謎の精霊が現れる!

(1巻の裏表紙の鳥の形の炎の精霊)

 

(3巻の帯)

 

冒頭に書いた表紙の上にちょっと見えてるヤツだね!

 

ツマコ
精霊はみんなこんなきれいな模様なんだねー!
エイジ
ってか、なんだかいまだかつてない不穏な空気になってきましたーー!!

 

その精霊は「理の大魔術師」の像の足元を破壊し、倒そうと!それをシオの力で食い止めます!

 

ツマコ
おでこの傷はバリバリに光っております!!
がんばれシオ!!

 

しかし、巨大な像を一人の力で何とかするのは無理・・・!

その窮地を救ってくれたのは先ほどのおばあさん!彼女は「煉丹術師」(れんたん)だというが・・・。

 

エイジ
おばあさんめっちゃすごかったよーー!!

 

この回は今後重要な人物や、事柄が描かれた重要な1話です。だからまたページ数が多い!

精霊を操っていたであろう黒幕のようなやつ、

おばあさんの正体、

そしてセドナ!!

ツマコ
セドナきたーーーー!!

はい、24歳になったセドナはめちゃかっこいいです!!

けど相変わらずのかっこつけの中身で安心します!

もうひとつ、重要な事柄が。「ウイラ」。

ウイラの謎に触れる部分もあり、もうほんとワクワク回でした!!

【第十四話】 私が育てた少年

司書試験の結果がでるのがだいぶ先なため、一旦村に帰ってきたシオ。

学校を卒業したが、司書試験に落ちたと思っているため、将来のことで頭を悩ませます。

まわりのみんなはシオにこうなってほしいと夢をもっています。

今まで学びをやめなかったシオには多くの選択肢があります。

そこへ、試験の結果を知らせる使いの人が。

果たして司書の試験には受かったのか!?

最強の胸熱で涙涙の第一章が幕を閉じます!

 

「図書館の大魔術師」3巻のネタバレの見どころ!

 

ツマコ
では3巻の見どころをツマコ的目線でご紹介♪

第十話】のネタバレの見どころ!

魔術に興味ありまくりなサラによって、シオは水のマナの体質だということが指摘されます。

 

エイジ

1巻の2話でシオがセドナの本を読んで、山場でもないのになぜ涙がでたのか
2巻の5話で水を使った力が使えたのか
7話でウイラを止血できたのか
などなど、水の体質が関わっていたことがわかりましたー!

ツマコ
あとは汗っかきだとか、おねしょが治りにくかったなど恥ずかしい指摘もされてますが
なにより、興奮してペラペラ話すのを反省したサラをみて、はなったシオの言葉と笑顔に全部もっていかれました!!

 

はい。完全に好きになりました

 

【第十一話】のネタバレの見どころ!

あらすじでもご紹介した濃いキャラが出てくる回。

 

ツマコ
いやーここはもう、完全にナチカがいやなやつだった回でした。
エイジ
それだけ!?
ツマコ
あとやたらデコがひかってた

 

しかし、実はこれには理由があって、ナチカが幼いころ、人にさらわれそうになったとき、おでこの光のまぶしさが悪人の目をくらませて逃げることだできたので、以後おでこの輝きを絶やさないようにしてるのだとか・・・・(笑)

 

【第十二話】のネタバレの見どころ!

エイジ
はっきりいって、シオ、オウガ、ナチカは我が会社に欲しい人材だ!
3人一組であればですが。

 

というのも、

シオはほかの人が気づかないとこに気付けるし、
オウガは回り全体を見て考えて行動できるし、
ナチカは圧倒的に知識が高い。

 

ツマコ
とくにオウガすばらしい!回だね!

 

個々は能力高いけど、それを活かせなかったら意味がない。

オウガはそれをわかってうまく配分できるすぐれたやつ!

課題自体もとても考えられてて難しいものだったけど、このオウガの気転のおかげでクリアしたといっても過言ではない。
というのも、課題クリアだけが合格ではなかったから。

ツマコ
完全にこのコマが語ってますね。めちゃ感動したー!

 

そしてずっといやなやつだと思っていたナチカも、この話が終わるころにはそう思わなくなっていました。

2巻の七話でアルフも話してた内容にも通ずることなのですが、いやなやつでも別の方向からみたら正しいと思うこともあるんですよね。

実際シオもナチカに対して嫌悪感は抱いてなかったようです。

「自分の主観だけでジャッジしない」

この物語は全体を通してこれも伝えたいことの一つなんじゃないかなと思いました。

 

エイジ
あとは言い方や伝え方なんだよねー
ツマコ

ナチカよ、いやなやつと思ってごめん

 

ツマコ

いやーーしかし、話として面白いだけじゃなく、ほんと自己啓発本だわ

 

【第十三話】のネタバレの見どころ!

この回ももう見どころしかないです!

今後の話に影響しまくる内容でしょうね!

 

ツマコ
だってザ・悪者!みたいな人でてきちゃったし!

 

そいつが精霊を使って騒ぎを起こしたのですが、ここでもシオが大活躍!

「水のマナによって発揮される肉体強化」でみんなを助けようとしているのですが、本人は意図して使ってるのかわかりません。

そこを助けたのがシオと知り合ったばかりのおばあさんなのですが、

めちゃ派手な煉丹術で助けます。

 

エイジ
案の定すごいばーちゃんでした

 

 

なんと

 

 

Name
ばーちゃん、タイトルのお人やったんかい

 

そしてテンションあがったのが、1巻ぶりですセドナさん!!!

はい!!!胸高鳴りまくりです!!
再会はまだなのですが、シオがいるであろう情報を聞いたとき、初めの言葉が、「きたか!シオ!!」
はい!!!胸高鳴りまくりです!!

 

【第十四話】のネタバレの見どころ!

 

村で試験の結果を待つシオですが、もう幼いころのようにびくびくしているシオはいません。

昔シオをいじめていた子達とも和解をしており、みんなシオを応援しています。

この村での様子を読むだけでウルウルきちゃった私です。

 

ツマコ
頑張ったおかげでみんなに認められて・・・うっ・・うっ・・・

 

そして将来を悩むシオはお姉ちゃんに言われたことを思い出します。

お姉ちゃんが、一度は学ぶのをやめようとしたシオを説得してくれて、学び続けさせたおかげで、今のシオがあります。

まさにこの第十四話のタイト通りです。

「私が育てた少年」

 

エイジ
そして・・・・シオは無事試験に受かったんです・・・!!!

 

さぁ・・・村と育ててくれたお姉ちゃんとの別れの時。
いや、もう、ここ、私も水のマナの体質かと思うくらい泣きましたわ。
まじ、見開きで余白の使い方がすばらしい、お姉ちゃんとのお別れのシーン・・・
まじで何度読んでも泣きます!!

 

ツマコ
まじで全世界の人にみてほしい!!!

 

最後の最後の「To be continued.」の挿絵まで見てくださいお願いします!
すべて読み終わった後、ここのたったワンカットで涙の追い打ちくらいます!

 

もう一つ、シオを迎えにきてくれた、セラーノ族。ほぼ竜な見た目!

 

エイジ
ここも見開きでなんですが、鳥肌たちました!!!

 

完全に映画のワンシーンでした!!!
このシーンや別れのシーンはすんごく絵を載せたいとこなんですが、見ていない方は話の流れのままに身を任せてそのまま死ぬほど感動してほしい!
もうすでに見られてる人はヘドバンのごとく高速でうなずいて共感してほしい!

 

「図書館の大魔術師」3巻の気になる謎なところ!

 

ツマコ
では!気になったところがある話のとこだけ書いてまいります♪

【第十話】の気になる謎なところ!

サラがマナについて色々話してたころで、この図がでてきます。

 

よく四大元素魔法とか、五行思想に基づいた五大元素魔法とかならよく漫画でみますが、

 

ツマコ
8つ多っ!!

 

と思ったのがはじめの素直な感想です。
しかも、「樹」とか「宙」とかあまり聞きなれないし、さらには「不明」まで!
これからどんな魔術がでてくるのかわくわくします♪
けど・・・・やはり、「光」あれば「不明」のところは「」系・・・でしょうか・・・

 

エイジ
ちなみにセドナは「風の魔術師」で、大気使いと書いてあったから・・・これでいうと「宙」かな。

 

このコマのように、魔術を使うセドナの手のひらには「宙」を指すマークに似てる陣が描かれてるから、やはり「宙」なんでしょうね。(ギザギザなサークル)

(1巻の4話のコマ)

あと、それぞれの属性の真ん中にあるの図形は何を示すんだろー。
属性と相互矢印のような形でつながってるから、影響しあうものなんだろうけど・・・。

 

【第十一話】の気になる謎なところ!

オウガと仲良くなる回♪

謎ーっというほどでもないですが、

なんかやたらオウガが同じポーズをしております。

(3巻表紙)

 

ツマコ
人差し指でアゲー的なパリピ!?

 

エイジ
どうやら、オウガの血の半分、クリーク族の感情表現の仕方だそうです!
ツマコ
気分上々ってことのようでした!きっぶんジョージョージョー♪(なつかしの歌)

 

【第十三話】の気になる謎なところ!

まず完全にウイラ!

12話の初めにとっても気になる魔術師がでてきました!(ウイラは砂漠の魔術師と呼んでいた)

 

どうやらこの魔術師にウイラは”シトラルポル”の中に封印されて、今の状態になった模様。

 

ツマコ
この回でウイラ、しょっぱなからめっちゃしゃべってたわ

この感じから中身は女性なのでしょうねー。
そして、2巻の第七話、ウイラを仲間にする回のコマなんですが、

 

シオとちゅっちゅしたあと、ウイラの体から電磁波のようなバリバリしたものがでてますねー。

この七話の最後で、シオにバレないようにウイラが自分で名乗ったとき、雷と書いてウイラと表記されていました。

 

エイジ
ウイラはきっと雷属性なんだねー!

 

この十二話でもウイラはシオにちゅっちゅとせまり、その後やはりバリバリ電磁波のようなものがでておりました。

 

ツマコ
この時のウイラのドヤ顔からして、この行為でシオから力をわけてもらってるんだろねー。
後に、消費したマナを「またシオにわけてもらわねば」っておっしゃてますし。

 

そして!悪い精霊がでてきたとき!
窮地を救ってくれたのはおばあさんだけじゃなく、ウイラもなんですよね。
てか、精霊を弱らせたのはウイラ。

やはりここでもビリビリ!!完全に雷っこですねー。

 

ツマコ
(え、ちょ、何このわくわく展開!「下等精霊」とか言っちゃってるし!ウイラはすごい精霊ってこと!?)

 

「砂漠の魔術師」にウイラの正体に気になる謎がいっぱいだわ!

 

さぁその悪い精霊を呼び出してたであろう黒幕のような人物も少し姿を現していましたが、

完全に見た目が「魔法使いの嫁」のエリアスだったわ。(左側)

お面だろうけど。

 

ツマコ

・・・・お面??

安易な考えだが、まさかカドー族??

 

その悪の親玉っぽい人物は、一連の騒ぎが終わった後、気になることも言っていました。

「まぁ、今回は挨拶ってことでいいか・・・

司書試験は受かってると思うし、

この都とは長い付き合いになりそうだしね」

 

私はこのとき、シオの絵がそばのコマに書いてあったので、シオ狙いで、シオのことを指しているんだと勝手に思ったんですが、

 

ツマコ
あぁ、もしかして悪の親玉は自分のこと言ってたのか・・・?
エイジ
ってことは、悪の親玉はシオと同期の司書ってこと・・・!?
ひぃぃぃぃぃぃぃ!!!!

 

ほんっとに謎を落としまくっていたすばらしい回でした!!

 

【第十四話】の気になる謎なところ!

この回は上記でも言いました、タイトルが「私が育てた少年」。
もうお姉ちゃんがひたすら好きになった回でした。

 

ツマコ
うおぉぉぉぉこんなお姉ちゃんいたら私の人生変わってたわ!

 

ティファ=フミスお姉さま。
1巻の時点で15歳。ということは、この時は22歳。
ちなみに1巻のネタバレ記事にお姉ちゃんのことに少し触れました。
6年前に旅時の果てにアムンの村にたどり着いた。
つまり、お姉ちゃんは9歳の時にやってきたんですね。

 

実は今回の第十四話の表紙はその様子が描かれていました。
9歳のお姉ちゃんが、まだ赤ちゃんのシオをおんぶして、少々疲れた感じで旅の途中であろう絵。
今回でそれは語られませんでしたが、いつか二人の関係が明かされる時が来るのでしょう!

 

ツマコ
なんなの!もう楽しみしかないわ!

 

そして、3巻を読み終えた後に、裏表紙を見たら響くわー・・・!
(3巻の裏表紙)

まとめ

3巻は分厚かったのもあり、語り足りないところもまだあるくらいです。

1回目読んだ時より、2回、3回と繰り返し読んだときの方が、もっと理解してもっと話に深く入れる!

 

エイジ

すごい漫画だ・・・!!

 

謎が多く残されていて、読み手にめっちゃ考えさせて、ウキウキさせやがって♪

あーもうほんと好き。

 

さて次回は現在(2021年2月)既刊されている中で一番新しい4巻!!

問題の4巻!

話題の4巻!

ちょー重要人物がでてきた4巻!!のネタバレ記事を愛をこめて書いていきたいと思います♪

ご興味がありましたらお付き合いくださいまし♪

 

ツマコ

長かったのに読んでいただいてありがとうございました!!

 

関連記事

こんにちはツマコです。 少し前に、これまた表紙に惚れて即買いしたこちらの漫画。   図書館の大魔術師(1) (アフタヌーンコミックス)   もうなんかすごくないですか!? めちゃくちゃきれいで、すごそうな物[…]

関連記事

こんにちはツマコです! さて、前回はネタバレ少なめで「図書館の大魔術師」を紹介させていただきました。 胸熱で。   旦那エイジ 本のカバーの秘密は、ワシ、テンションあがったー!   […]

関連記事

連日、「図書館の大魔術師」を読み返しては感動しているツマコですこんにちは。 前回は1巻のネタバレ感想を書かせていだだきました! [sitecard subtitle=関連記事 url=https://wotayori.com/2[…]

 

今回も「使えるコマ」の提供をしてくださっているサイト、アル様!
本当にありがとうございました♪

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 読んでくれてありがとうございました♪

最新情報をチェックしよう!