図書館の大魔術師 1巻・セドナとの出会いと始まりの物語!(ネタバレ感想)

  • 2021年2月19日
  • 2021年3月2日
  • 漫画
  • 0件

こんにちはツマコです!

さて、前回はネタバレ少なめで「図書館の大魔術師」を紹介させていただきました。

胸熱で。

 

旦那エイジ
本のカバーの秘密は、ワシ、テンションあがったー!

 

関連記事

こんにちはツマコです。 少し前に、これまた表紙に惚れて即買いしたこちらの漫画。   図書館の大魔術師(1) (アフタヌーンコミックス)   もうなんかすごくないですか!? めちゃくちゃきれいで、すごそうな物[…]

 

今回からは1冊ずつネタバレ込みで感想を書いていこうと思います♪
現在(2021年2月)、4巻まで発売されており、その4冊分も含んだネタバレもでてきます。

胸熱で。


図書館の大魔術師(1) (アフタヌーンコミックス)

 

では、今回は「図書館の大魔術師」1巻の感想をツマコ目線で書いていきたいと思います。

胸熱で。

「図書館の大魔術師」1巻の内容は!?

 目次

【第一話】 みにくい耳長の子

【第二話】 黒馬のしゅじんこう

【第三話】 本のおんがえし

【第四話】 ろまんすの夜明け

ツマコ
ひらがなが印象的な第1巻の目次だね!
主人公の成長なんかも関係してるのかなー
(4巻の目次はしっかり漢字)

 

「図書館の大魔術師」1巻のあらすじ

「書」が重要とされる世界。

違う民族同士の混血であるため、金髪、緑目、そして耳長の主人公。
ヒューロン族の村のみんなとは見た目が違うためよそ者扱いされ、いじめられていた。

心の安らぎは弟想いの姉と、森に住む獣の親友、そして大好きな本。

しかし、その大好きな本も差別が原因でほとんど読めずにいた。

そんな世界を嫌い、いつか誰かがこの状態から救ってくれると信じていた。

そんなある日、主人公が憧れる本の都アフツァックから村にやってきた、あらゆる「書」を護るための司書(カフナ)達。

その中の一人、「風の魔術師」であるセドナ。

かっこつけだけど、熱くてまっすぐなセドナによって目の前の世界が開けた主人公。

セドナは最後に主人公に名前を聞きます。

「私は主役(きみ)の名前を知らない」と言って。

主人公は答えます。

ここからシオの物語が動き出します!!

そして少し成長したシオがみれて1巻終了。

 

ツマコ
つまり1巻まるっとプロローグ!!!

 

この最後のシーンにまたニクイ演出が・・・!!
まじで映画みたいだった!!ぜひ見てほしいです!!

 

エイジ
涙!!!涙!!!

 

なんかですね、この物語が動き出す感じが、ONEPIECEのルフィとシャンクスの出会いな感じ。
素晴らしい人との出会いが、主人公の大きな冒険のはじまり!
ほんとにウキウキする1巻でした!!

 

最後に、この物語の根底にある「魔術師伝説」のことを書いて1巻のあらすじを終えたいと思います。

昔、大陸を破壊し尽くす「ニガヨモギの使者」を、秀でた7人の魔術師が封印することに成功しました。

しかしこの厄災が残した霧が大陸の多くの土地を奪ってしまい、残された土地をめぐって民族同士の争いが起きてしまいました。

勝者は敗者を支配するためにその文化、歴史、言葉を否定。

そのために行われたのは書の大量破壊。

その行いを嘆いた魔術師たちは、書を護るため、民族の記憶を残すための館を造りました。

その館の主はみんなに「圕の大魔術師」と呼ばれました。

 

ツマコ
この伝説は今後どう物語に絡んでくるのでしょうか♪

 

「図書館の大魔術師」1巻のネタバレの見どころ!

「図書館の大魔術師」全体を通しての見どころは、前回の記事に書かせていただきました。

関連記事

こんにちはツマコです。 少し前に、これまた表紙に惚れて即買いしたこちらの漫画。   図書館の大魔術師(1) (アフタヌーンコミックス)   もうなんかすごくないですか!? めちゃくちゃきれいで、すごそうな物[…]

今回は1巻の見どころを!

でも終始見どころだらけなんですよね。

 

ツマコ
見どころしかないんですよね。

 

しかしそこは選んで、ツマコ的見どころですが、まいります!

 

 シオの親友ククオがカッコカワイイ!

 

ツマコ
一般に性格が獰猛と言われる一角獣なのですがカワイイ!
やはり動物がいると癒される♪つかククオほしい。
エイジ
ハイ無理

 

 史実の名言ネタも入っている!

 

ツマコ
これはマザーテレサが言ったといわれる言葉とほぼ同じですね♪
こういうリアルな内容が含まれるとさすが司書ーっておもっちゃた♪

 

ツマコ
これも何かの本に書いてたけどわすれちゃった

 

エイジ
作者の泉光先生もきっとたくさん本読んでいるんだろうね!

 

 司書の仕事が緻密に描かれている!

 

ツマコ
使用する道具から、方法までリアルで感動!

ツマコ
細かい修復作業はぜひ漫画でみていただきたいので、道具の絵のみ置いていきます。

エイジ
なにより、本の修復をする司書たちの連携がすばらしく、かっこいいですよ!

 本に対する想いが熱くて伝わる!

 

ツマコ
そこはやはりこの世界の中心となるもの!
絵としてもとてもきれいに大切に描かれています!

エイジ
この漫画を読んだ後は本かなんだか愛おしく感じるなー
ツマコ
時にはその想いが強いがために、本に対する侮辱があればブチ切れる人も!

 「魔術書」の精霊が美しい!

 

エイジ

コレクターがいるという魔術書!
やはりタイトルに「大魔術師」とつくくらいなので、魔術書はあるよね!

 

ツマコ

その中にいる精霊がうつくしい!!!
模様など描くのがめちゃくちゃ大変そうな!!

 

エイジ

1巻の裏表紙に載っていました♪

 

 

ツマコ
うへぇ・・・

 

 最後のセドナの言葉に震える!

 

ツマコ
1巻を読んできて最後に聞くセドナのセリフは胸をつらぬきます。

エイジ
この後2ページくらいまで、まるで映画を見ているようでした!

ツマコ
最後、シオは一体どんな顔をしているのでしょうか・・・ウルウル
読まれた方は共感していだだけるとうれしいです♪

 

「図書館の大魔術師」1巻の気になる謎なところ!

「図書館の大魔術師」にはなぞがたくさんあります。

ある意味そこも見どころであって、物語が進むにつれてそのなぞがパズルのピースのようにハマってく感はたまらないと思います♪

では1巻でツマコが気になった点を今後の自分のためにも書きだします(笑)

 

シオとお姉ちゃんとは血はつながっていないっぽいところが気になる!

 

ツマコ

混血のシオとお姉ちゃんは明らかに見た目が違います。
違う民族なんだねー

見た目はお姉ちゃんはヒューロン族だし。
半分だけ血がつながってるのかなー。

 

 

エイジ

めっちゃくちゃいいお姉さんだねー

 

ちなみに、

ティファ=フミス
15歳
6年前に旅時の果てにアムンの村にたどり着いた。

とのこと。

とにかく、シオに学びを与えるため。昼夜働くめちゃくちゃいいおねーちゃんっ!

それとも学ばせなきゃいけない使命でもあったのか・・・

 

ツマコ

とにかく今後のシオの出生も気になるとこだね♪

 

 セドナの性別が気になる!

 

ツマコ

1巻だけ読んだときは「胸がまっ平な女性」としか思っていなかったけど、
その後でてくるセドナは服装が違ったものを着ても男性の体系・・・に見える・・・

 

(1巻に登場する司書たち)

 

エイジ

セドナの一人称は「私」だけど、男性も使うし、左端のセドナの性別はもちろんかかれておらず。

 

ツマコ
ちなみに、2巻以降の内容ですが、セドナはラコタ族です。

 

私の中ではほぼ「男性」かなーとは思っていますが、
この漫画が伝えたいであろうことの一つに、「見た目」や「一方のみの見方で判断しない」というのがあると思うので、今は「気になる」くらいで考えておこうかな。

 

 セドナの本を読んだシオが涙したのが気になる!

 

ツマコ
この本を読んだとき、シオは序盤で山場でもないところで涙を流しています。
しかもその理由がわからない、と。

 

これは、後ほどわかるシオの水のマナの体質によるものだろうけど、
感情が高ぶってでたものなのか、この本自体になにか力があって反応したのか・・・・気になる!

 

エイジ
めっちゃ入り込んで読んでるね!

 

 シオの額の傷が気になる!

もう一度、この絵を。

Name
1巻の子供時代は結構見えることが多かったこの傷。
成長したシオは髪が伸びたのもあって見えにくくなってるー

 

1巻の後半で傷が光って発動していたねー。
2巻以降力を使うことが多いけど、
まだまだどんな使い方をするのか、はたまたいつついた傷なのか、謎多き傷だねー!

 

エイジ
るろ剣の剣心のような、またハリーポッターのハリーのような重要な傷ですな!

 

ちなみに、力が発動するときに「リィィィィ・・・ン」と書いてある効果音、
めっちゃ聞こえてくるわ・・・!!

 

まとめ

 

ぬおーー1巻だけでいろいろでてきますねーーー!!!

 

ツマコ
もう感動しかない!

 

この壮大な物語のはじまりの1巻、また読み直したら、新たな発見がでてくるかも!
こんなに読み返したくなる漫画ははじめてです♪
次は2巻の感想を書いていきたいと思います♪

 

ツマコ
よろしければお付き合いくださいまし♪
読んでいただいてありがとうございました♪

 

そして「使えるコマ」の提供をしてくださっているサイト、アル様!
今回もふんだんに使用させていただきました♪
ありがとうございました♪
関連記事

連日、「図書館の大魔術師」を読み返しては感動しているツマコですこんにちは。 前回は1巻のネタバレ感想を書かせていだだきました! [sitecard subtitle=関連記事 url=https://wotayori.com/2[…]

関連記事

こ、ここここんにちはツマコです。今日も変なテンションツマコです。 前回は2巻のネタバレ感想をお送りいたしました! [sitecard subtitle=関連記事 url=https://wotayori.com/2021/02/[…]

ブログランキング・にほんブログ村へ 読んでくれてありがとうございました♪

最新情報をチェックしよう!