「ゆらゆらQ」の感想!狐っ子のほんわかラブコメに悶える!

  • 2021年2月12日
  • 2021年2月15日
  • 漫画
  • 0件

狐っ子きたーーーーー!!!!

こんにちはツマコです!

ちょっと前、本屋さんでこの2冊が同時発売されていたんですよね!

 

両方、雨隠ギド先生の作品!

もちろん両方購入いたしましたが、今回はこちらのほうをご紹介!


ゆらゆらQ 1 (花とゆめコミックススペシャル)

 

ツマコ
なんか種類が違うケモミミさんがいらっしゃる!
くぁあいーーー!
ではでは、この「ゆらゆらQ」をツマコ目線で感想を書いていきたいと思います♪
公開されているあらすじなどから飛び出ないネタバレかすり程度でまいります!

「ゆらゆらQ」はどんな内容?おもしろいの?

「ザ花とゆめ」で連載中の雨隠ギド先生(@gidogakure)の最新作♪(2021年1月現在)

まず雨隠ギド先生のお名前だけで内容知らずともほぼ購入決定案件。

 

ツマコ
なぜなら「甘々と稲妻」が面白かったからーー♪
(つむぎちゃんめっちゃかわいかったな~♡)

 

その雨隠先生が描いたこの「ゆらゆらQ」のこの表紙・・・
もうなんか色々かわいいが漂ってる!!そらぁ買いますわよ。
なるほど、「恋と夢、しっぽと気持ちがゆらゆら揺れる」から「ゆらゆら」とタイトルにつくんですねー!
ちなみに、「Q」は「クイーン」と読みます♪

 

いちおーコミックコーナーにですね、この漫画の試し読み小冊子が置いてあったので、開いてみたんですが、1・・2ページ読んだあたりですぐやめて漫画をレジへ持っていきました。

 

ツマコ
もう絶対面白いでしょ!!!

 

と、そう思ったこの漫画はどんなお話かというと・・・・

 

「ゆらゆらQ」はどんなお話?

 

まずは第1巻発売記念PVをどうぞ。

人と狐の間に生まれた女子高生・きゅーこは、他の兄弟たちと違って、狐がもつ不思議な化け力を使いこなせずにいた。
それでも優しい兄や姉、幼馴染の男子高生・春人に助けられながら、みんなの力になろうと奮闘するきゅーこ。
でも、その春人くんは何だかきゅーこのことが気になっているみたいで…?
狐っ子が大奮闘のほのぼのラブコメディ!ー白泉社サイトより

 

第1話をTwitterで載せてくださってます♪

 

 

どうですか。ここまでみて。もうウキウキでしょ。

 

ツマコ
表紙の狐っ子さんたちは同一人物なんですねー♪

 

また「狐っ子」という非日常のものながらも、漫画の帯にも書いてあるように

「狐っ子のほのぼの日常ラブコメディ!!」

 

ツマコ
もうとにっかく、ほのぼのほわほわキューンの中にクスクスプププって感じです!
旦那エイジ
まぁうん・・間違ってないね

 

とにかくまずきゅーこがかわいいっ!!!
終始かわいい!!!もういろいろかわいいい!!!
(我が家の漫画の裏表紙♪)
ツマコ
はい!!私も好きぃぃぃぃ!!!

 

というのも、きゅーこはただカワイイだけじゃないんですね。
美しく優秀な兄姉に憧れ、現状維持を良しとせず自分も近づけるうにとがんばる姿は応援したくなるし、
きゅーこの人への接し方や見方は、私たちが生きていく上でうまくいくヒントも入っています。

 

ツマコ
なんかですねーずっと優しい気持ちで読めるんですよ♪

 

ラブコメディなので幼馴染はるくんとのやりとりもほほえましくも今後どうなるのーとヤキモキ。だけどやっぱりほほえましい。だけどヤキモキ。
しかしそれが進展するかも・・・・な展開が。
そう、1巻の最後、第6話を見てそう思いました・・・。
というのも・・・(軽いネタバレになるけど)

 

めっちゃいいキャラ入ってきてますやん

 

これ個人的にかなり好きキャラです。いい風を起こしてくれそうです。
俄然2巻が楽しみになりました!!

 

では読者のみなさまの感想を♪

 

あ、みなさま大体書いてらっしゃる、「兄姉」。
ここはずせないポイントなんですよねー。
きゅーこが「憧れて目指す対象」ってだけでなく、
この兄姉のきゅーこへの愛が溢れておりまして!!
裏表紙の「みんなきゅーこのことが好き。」なんてね、「。」句点で終わるレベルの好かれ方ではないですよ。

 

もう溺愛

 

思わず
ツマコ
きゅーこになりたい!!
と思うほど。
わたくし長女なんでうらやましいんですわ。こんな体験してみたい。

 

きゅーこの上には8人の兄姉たちがいるのですが、溺愛ぷりがほほえましいだけでなく、これまたみんな結構クセがありそうで(笑)
徐々にそれぞれの個性的な部分が見えてきて、これも今後楽しみの一つ♪
色んな見どころがある「ゆらゆらQ」、幸せな気持ちで読めるとってもおすすめの漫画です♪

余談

そういや、

きゅーこの兄姉って、上から、

一男、二美、三郎、四郎と五郎(双子っぽい)、六美、七男、八美という、覚えやすい名前なんですよね。

 

だから九番目の末っ子きゅーこは「九美」でなくとも、「九子」って書くと思いきや、

「久子」なんですよねー。危うく「ひさこ」って読んじゃいそう。

 

ツマコ
・・・とそんなとこが気になってしまったり。
はたまた九尾の狐とかなんか関係したり・・・?
漫画をたくさん読んでると色々気にしてしまう(笑)

 

ツマコ
でもこれもまた楽しい。

 

けど、それらが関係あるのか、まったく関係ないのかわかるのはまだまだ先でしょう。
というのも、この「ゆらゆらQ」が連載されている「ザ花とゆめ」は1,4,7,10月の下旬発売と年に4回だけなので、まだ2巻がでるのはかなり先なんですねー。
ん~~~~ほんと待ち遠しいです♪
関連記事

こんにちはツマコです。 前回の記事でご紹介しました「ゆらゆらQ」。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://wotayori.com/2021/02/12/yurayura-q/ target=][…]

ブログランキング・にほんブログ村へ 読んでくれてありがとうございました♪

最新情報をチェックしよう!