「アイテルシー」稲岡和佐・新連載!異常で異端なサスペンス開幕!【少年ジャンプ9号感想2021】

ピッコロ似の
紳士
週刊少年ジャンプ9・2021年2月15日号の感想を読みたいんじゃが?
今年アニメ化されそうな作品と打ち切りになりそうな作品を知りたいんじゃが?
ブログ「ヲタヨリ。」で選ぶ今週号ベスト5はどの作品ジェントル?
そんな疑問やご要望にお応えするために本記事は、小学生から少年ジャンプを読み続けてきたエイジが掲載されている全作品の感想を述べる内容となっています。
興味のある方は是非ご覧ください。
※ネタバレしまくりなので未読の人はご注意ください

「アイテルシー」稲岡和佐・新連載!異常で異端なサスペンス開幕!【少年ジャンプ9号感想2021】

新連載『アイテルシー』が表紙です!!

あの不思議なラブコメ『キミを侵略せよ!』を描いた稲岡和佐先生の作品とあって個人的にはかなり楽しみ。

今回も誰にも似てない唯一無二の作品になりそうな予感。

ツマコ
そんな稲岡先生のサスペンスなので、かなり異質なものになりそうね
エイジ
表紙では特に、男の刑事に挟まれて顔が見えていない奥の女性キャラが気になるね!
ツマコ
そんな『アイテルシー』から早速今週の少年ジャンプの感想記事いってみよー!

少年ジャンプ2021年9号連載作品を掲載順に感想書く!【読切の感想も】

アイテルシー・1話‥表紙&巻頭カラー【感想】

かなり邪道(良い意味で)のサスペンス漫画です。

うんうん、こういうの個人的にはかなり好きです。

「狂気とも言える犯人への愛」で犯罪者を追い詰めていくという、まさにその手(設定)があったか!と思わせてくれる作品でした。

面白いのは、そんな「犯人への狂気とも呼べる愛」を行使して謎を解明していくのが可愛い現役の女性刑事であるということ。

「砂浜で追いかけっこするみたいに犯罪者を追う」という表現にはヤバさを通り越してちょっと笑ってしまった。

反面、続けていく上で難しいのはミステリアスな主人公のキャラが崩れないように細心の注意を扱わないといけないこと。扱いの難しいキャラなのでエピソードも登場させる回数もよく吟味して読者の想像を掻き立てる演出が必要なのかなと思いました。

そのためには長く続けることよりも描きたいことを出し惜しみせず一気に読ませる短期連載的なイメージでやった方が良いのかなと‥。

とりあえず次回が楽しみ。

ONE PIECE・1002話【感想】

カイドウの攻撃をそれぞれの方法でかわす、キッドにロー、そしてゾロ。

その隙をついてルフィの「猿王回転弾(コングライフル)!」からのキッド、ロー、キラーの連携攻撃!

カイドウとかなり互角に戦えそうだなと思ったけど、やっぱりビッグマム邪魔だなぁ(笑)

にしてもやはりこの戦いのキーマンはかつてカイドウに傷をつけたとされる名刀「閻魔」を持つゾロと確信。雷に打たれたけど何とか復活してカイドウをぶった切るところを見せて欲しい。

作戦としてはゴム人間のルフィーがビッグマムを抑えて、カイドウを他の奴らで倒すのが良いのかな。

何にしても仲良く作戦を考えるようなメンツじゃないので無理か(笑)

最終的には根性でルフィの「猿王銃乱打(コングガトリング)」が炸裂したけど、これで終わるはずがなさそうなので次号は反撃を食らいそうな予感。

僕のヒーローアカデミア ・299話【感想】

ホークスの過去のお話。

決して幸せなものではなかったホークスの子供時代。

犯罪者で逃亡中のDV父親とそれを匿う母親ってどんだけぶっ壊れた家族設定(涙)。

これ母親の周囲に目玉みたいなのが浮遊してるから、見張りとかに使える個性なのかな。この個性を頼って父親は自分を匿ってもらってたってことか‥。

父親からの暴力に縛られる中で唯一、母親が買ってくれたエンデヴァー人形を抱きしめる少年ホークス‥切なすぎる。

その父親をエンデヴァーが捕まえたとなれば、それはヒーローとして尊敬どころか崇拝しちゃうよな。

そして明かされるベストジーニストの死亡説からの復活劇と、荼毘が知っていたホークスの過去の出どころは母親だったという真相。

なかなか濃ゆい1話でした。

にしてもベストジーニストがいちいち、会話にジーンズ話しをブッ込もうとするのには笑った。どんだけジーンズ好きなんだよ(笑)

逃げ上手の若君・2話‥センターカラー【感想】

畳み掛ける展開おもしろー!!

鬼畜な追手、五大院宗繁はかなりヤベーですな。

あと味方なのに諏訪頼重の腐れショタコンっぷりもかなりツボでした(笑)

変態だけど未来が視える頼重の存在は「逃げ上手」というタイトルの拠り所になりそう。

しかも未来を視て頼重が作ったと思われるすごろくって完全に「桃鉄」じゃね?こういうネタちょいちょい入れるのに設定を利用するやり方は嫌いじゃないです(笑)

すごろくを楽しむ薙刀ちゃんと白髪男子の名前とか気になる。

次回は鬼畜の五大院との戦いで「逃げ上手の若君」の真価が発揮されそうでメチャ楽しみ!

created by Rinker
¥460 (2021/09/22 19:29:45時点 Amazon調べ-詳細)

SAKAMOTO DAYS・9話【感想】

中国娘のルーさんに解毒剤を点眼してもらうシン、なかなかお似合い(笑)

そんで躊躇なく毒ナイフを殺し屋に突き刺すルー‥恐ろしい子‥(白目)

にしても「日本殺し屋連盟」を「殺連(サツレン)」って略称にすると途端に普通の組織に聞こえてる感じ笑えるね。

そしてさらに新手の殺し屋「ボイル」と「帯黒」登場。

ハードボイルドだけど生き物に優しいオヤジ殺し屋「ボイル」と、そのオヤジ殺し屋を好きすぎるツンデレでモード風ファッションの「帯黒」という濃すぎるキャラに吹きました。

殺し屋ってもっとこう目立たない感じにするもんじゃないの(笑)

で、次回はお化け屋敷で激突!これは面白そう。

それにしても『SAKAMOTO DAYS』掲載順位高いなぁ。これは話題になるのもそう遠い話じゃないかもね。

とりあえず単行本出たら即買いしよっと。

Dr.STONE・183話【感想】

天然ダイヤを加工するために人工ダイヤが必要なのかー!これは知らなかった。

普通に勉強になるDr.STONEはマジで学校の授業で取り上げても良いくらいですな。少なくとも全国の学校の図書室には常備して欲しいですな(笑)

で千空たち一行は天然ダイヤが掘れるストーン・サンクチュアリと呼ばれる「アラシャ」を目指す。

そしてそのことをスタンリーへ知らせることに成功したゼノ‥だけどそのことに千空とゲンは気づいている‥かもしれない。

果たして「アラシャ」ではどんな展開が待っているのか?

ところでスタンリーが男だってことに今さら気づいた(笑)なんか口紅してるし女っぽいから勝手に女だと思ってたけど普通に「男」って龍水が言ってるの見てびっくり(笑)

created by Rinker
¥460 (2021/09/22 21:34:18時点 Amazon調べ-詳細)

呪術廻戦・137話‥センターカラー【感想】

センターカラーでついに乙骨憂太(おっこつゆうた)登場!!

まぁ思った通り、歓迎すべき感じで登場しなかったか‥。

前回、偽夏油がコツコツ契約していた呪霊を開放したことによってまさかの東京23区壊滅‥!

長く続いた「渋谷事変」は最悪の結果で幕を閉じたことになる。

そして壊滅した年で、ほぼ『BLEACH』のグランドフィッシャー的な呪霊が出てきて笑った。これも久保帯人先生と芥見下々先生の対談記念のサービスなのか(笑)

しかし、それにしても‥それにしてもですよ。

こんな衝撃的な展開で乙骨先輩と再会したくなかったのは私だけではないはず。

狛巻刺先輩の腕を切り落としたという衝撃事実は虎杖がやったことになってるけど、多分宿儺の領域展開に巻き込まれたと考えるのが妥当かなぁ。

他にも「五条悟の呪術回永久追放」とか「五条の封印を解いた者は死罪」とか「学長・夜蛾の死罪」とか「虎杖の死刑」とか、ヤバい言葉が多すぎて脳が追いつかない。

これは詰んだな‥。でももう『呪術廻戦』辛いから読まないってならないのが中毒者の皆さん(笑)あっ私もか(笑)

created by Rinker
¥460 (2021/09/22 21:34:19時点 Amazon調べ-詳細)

夜桜さんちの大作戦・68話【感想】

アカイと対峙する夜桜家長女・二刃(ふたば)!

突入チームの人数が少ないなと心配してたけど、後からヒナギクさんが合流するとのことでちょっと安心。

強気のアカイさんだけど、アイが泣いたらちゃんと謝るところに好感(笑)

支援チームはおばあちゃんが遠方射撃の腕前をいかんなく発揮。

難なく侵入できたかに見えた突入チームの前に次に立ち塞がる敵はクロサワ。対するは辛三(しんぞう)。銃を撃たれても死なないクロサワ相手にどう戦うのか楽しみ。

そして二刃とアカイの戦いも山場で、なんとアカイが夜桜家の奥義「開花」を発動!なかなかヤバそう。

今まで二刃がボロボロになって戦う感じは描かれなかったけど、今回はちょっとヤバいかも。というか夜桜家の兄弟たちは「開花」使えるのかな?

次回も楽しみ。

マッシュル-MASHLE-・48話【感想】

神覚者選抜試験会場で候補者の紹介の直前、神覚者で砂の神杖であるオーターマドルに宣戦布告するマッシュ。

マッシュは自分の筋肉に名前つけてるけど、その中にヤマダだけなんで日本風なのか気になる(笑)

そしてマッシュが入場すると、やっぱり「帰れコール」。それに対し「帰りたい」と呟くマッシュは正直(笑)でマッシュを笑っていた候補者の一人は直後に始まる一次予選「死霊の狩り場」で羊の死霊に瞬殺されるという早すぎる伏線回収に合掌(笑)

羊の死霊は魔法が一切効かないということだけど、マッシュにうってつけすぎる設定で最高(笑)案の定、ワンパンで羊の死霊を「フーフー」言わせる展開‥。これぞマッシュルですな(笑)

そんでさっき瞬殺で退場させられた候補者が即解説に回るという、そつのなさがいい感じ。

最後のページでマカロンの左隣のコマにいるやつ強いんかな?なんにしても次回も楽しみ。

created by Rinker
集英社
¥484 (2021/09/23 06:16:42時点 Amazon調べ-詳細)

BLACK MILK・読切‥センターカラー【感想】

なかなか面白かった!

特に街を守るマフィア3人のキャラ設定が良かった。

元気で正義感の強い女子リーダーと沈着冷静なメンズ、そして女子高生。それぞれが役割を果たしているので読みやすかった。

反面、どうしても作画に「ヒロアカ」の影響を感じてしまう。

あとは個人的な好みもあるけど、物語の展開的に痛さや辛さが薄いのでせっかく犯人をやっつけてもそれほどカタルシスが得られないのが残念だった。

主人公たちが超能力を何故使えるのか?それぞれの発動条件など縛りをもっと設定しても良かったかなぁとも感じました。

現在4作品中3つの読切が終了したけど、今のところ個人的には『ヴァティ・りぺぺ』が1位。

ブラッククローバー・280話【感想】

冥府の門が開いたことで出現した2体の最上級悪魔リリスとナハマーは桁違いの強さ。

この2体、冥府の一層目の悪魔という設定だけど二層目、とか最深層とかはもっと強い悪魔がいるってことかいな?それはそれでヤバすぎるね。

さらに冥府の門が開いたことで、これまで70%の力しか出せなかった漆黒の三極性(ダークトライアド)も100%の力が解放され形勢は一気に逆転。

やっぱり‥こうなっちゃうか‥。でもこれってナハトみたいな悪魔憑きと同化してる悪魔もパワーアップできるんじゃね?と思ってしまった。とはいえ、圧倒的な不利は覆らないとは思うけど。

この状況でナハトの取る選択はなんだろう?まさか計算高いナハトがただ自分を犠牲にするだけの一時しのぎをするってことはないよね?

それだけアスタに期待してるってことなのか?とはいえアスタだけの力でも無理そうな状況なので、何か逆転の秘策とかあるのかな。気になるー。

僕とロボコ・27話‥センターカラー【感想】

今まで出てこなかった出木杉くんみたいな、モテ男子キャラがついに登場。

その名はモテ杉くん‥ってそのまんまかーい。しかも天才子役って。

そして対照的なボンドはテスト4教科合計10点でサッカーボールを空振りしてズボンのお尻が破けるというお約束なダメっっぷり。

そんなボンドとモテ杉くんが友達になっていく過程が素敵すぎた。

確かに初めて読む漫画が『呪術廻戦』だとショック死するし『ヒロアカ』も『チェンソーマン』も過酷すぎるね(笑)でも『あやトラ』はギリイケるんじゃないかと思ったけど、読み返したらやっぱ無理かってなった(笑)

で最終的に『破壊神マグちゃん』奨めてて笑った。

個人的にはガチゴリラたちが釣り上げようとしてた主が気になった(笑)そしてモテ杉くんが出てるドラマもカオスすぎて良かった。

今回も安定の面白さでしたー。

created by Rinker
¥460 (2021/09/23 03:21:54時点 Amazon調べ-詳細)

あやかしトライアングル・30話【感想】

いつも飄々として掴み所のない画楽は天才画家として超有名で個展まで開気ほどの人気ぶりだった。

そこで見つけた一枚の「神木」を描いた絵に、すずは懐かしさを覚え涙を流す。

そんなすずは画楽に案内されて、かつて神木が立っていた場所へ。

しかしその場所には、すずに恨みを持つ付喪神の王「塵塚妖王(ちりづかかいおう)」が待ち受けていた。

画楽が慕う「塵塚妖王」と画楽の関係は?そして「塵塚妖王」がすずを憎む理由はなんなのか?

奇しくも前妖の王であるシロガネと現妖の王であるすず、そして塵塚妖王という三つ巴で今後の展開が気になりますね。

ちなみにストーリーとは一切関係ないけど、扉絵の祭理のイラスト見て鬼滅の炭次郎ばりに「あっ気をつけてください! 乳房が零れ出そうです!」 「危ない!」という感想をもったのは私だけじゃないはずです(笑)

アンデッドアンラック・49話【感想】

アンシーン(不可視)のショーンあっという間に死んだな(笑)

そしてなんの否定者かわからないけどアンダー側の着ぐるみキャラ、バニーが登場。かわいい‥(笑)けどこんなかわいいのにエグい否定能力持ってそうで怖い。

そして垣間見れるリップの過去はなかなか壮絶そう。みんなそれぞれ強い目的とそれを達成するために手段を選ばない意志を持っているからこそ、この物語が目まぐるしく変化しながらもブレずにハイスピードで展開されるんだなぁと実感。

そしてオータム(秋)の捕獲再開!

どうなるか全く読めない(笑)けど今回リップとラトラはアークによるループ(やり直し)が目的ということがわかったので、この世界線で神を倒そうとしているユニオンとはやはり敵対するしかないのかな。

なんにしても安野雲(アンノウン)は死んでしまいそう。なんせ不治のリップに片腕を切られたので、リップが死なないと腕の治癒も不可能ってことなので、いずれにしても安野雲かリップが死ぬ展開は不可避かなと思われる。

展開の早い漫画なので次週にはなんらかの答えが見られるだろうと期待。

破壊神マグちゃん・29話‥センターカラー【感想】

ここ最近では珍しく掲載順位が低いマグちゃん。

ぶっちゃけ、なんで下がったのか理由が分からないけど、「お母さん回」で笑いよりも感動に走ったからかなぁ。でもあれはあれで面白かったしなんでだろ。

まぁ気を取り直して、今回はオカルト研究部に聖騎士の末裔・イズマが入部。

そして何者かの手によって「暗澹(あんたん)のゾンゼ=ゲ」が解き放たれる。

暗澹のゾンゼ=ゲはその名のごとく、自分もめっちゃネガティブだけど。他者も自分の刺でネガティブに変えてしまうというなかなか迷惑な存在のウニのような容姿をした極度の陰キャ。

そんなゾンゼ=ゲを捕まえたのは裏表なく子供な唯歌ちゃん。もともと裏も表もなければポジティブもネガティブもないのでゾンゼ=ゲのネガティブ攻撃も全く効果ないという(笑)

なんにしてもゾンゼ=ゲの封印を解いたヤツが気になるね。

そして次回はバレンタイン回。ちゃんと季節の行事を追ってる漫画はマグちゃんだけなのでなんか落ち着く(笑)

高校生家族・24話【感想】

今回は家谷家全員で中間テストを乗り切るお話し。

保護者会に紛れて過去問をゲットするお母さんと、過去のデータを分析して試験のヤマをはる両親最高じゃね(笑)?

てか中間試験、猫も受けるの?無理でしょ(笑)

そしてお父さんのヤマは見事に外れるという展開で、もともと勉強ができる妹の春香ちゃん以外は全滅の危機に。

そこから春香ちゃんが自分の答案用紙を見せようとする奮闘ぶりと家族の反応に爆笑!

見るムニャー!ってムニャーつけてれば寝てるっとことにならないし、どう考えてもおかしいでしょ(笑)

てかこの人たちよく入学試験受かったよな。特に猫のゴメス(笑)

何故か猫の存在が気になって仕方ないので是非ゴメス回も描いてほしいなぁ。

灼熱のニライカナイ・28話【感想】

扉絵のイケメン誰かと思ったら鮫島だった(笑)

大鰆組のセイラの入信と、梶の援護については裏がありそうだけど、セイラが島の情報を教団に渡していたことは確からしい。

てか豹柄マントの女とバニーガールみたいな格好してる糸目の男が気になって会話に集中できない(笑)

とはいえ、教団の野望は世界を海に沈める「大絶滅の日」を迎えることらしい。手始めに「姉ケ島」から沈められるって、海に沈めるのに順番とか選べるのかアレですね。

でも海に沈んだ都市に鯨とか魚が泳いでる絵はキレイ。

そして解毒が済んだ鮫島はメガネ外しモードで、その実力を試されることに。

鮫島がインミア・クンスト(海中戦闘術)を身に付けた描写がなかったのでいきなり使い手不明の技「練水(れんすい)」を使ったのには驚いた。

ちょっと急ぎすぎ感あるけど面白くはなってきたね。そろそろ掲載順位をあげたいところですな。

仄見える少年・21話【感想】

千手童子の「宿し手」、ヤバそうな感じで、まさに激闘の予感。

「雨男」、「人形遣い」、「鬼指姫」、「虫の知らせ」、「群像劇」という5人の「宿し手」がいるらしいけどネーミングセンスが文学的でなんとも言えない。

個人的に特にヤバそうと思ったのは「鬼指姫」と「群像劇」かな。全くの勘ですが(笑)

そしてどうやら「人形遣い」との戦いが始まりそう。

今回はスキンヘッドで強面の赤間さんと近藤さんと研真、そして伊織と哀別さんというメンバー。

研真はフツーに人気出そうだけど、赤間さんと近藤さんの強さとか戦い方が気になります。

意図的に神霊会の他の霊媒師を出してくれるので読み手としては面白いし、今後の展開にも期待がもてますね。

created by Rinker
¥460 (2021/09/22 19:38:39時点 Amazon調べ-詳細)

BUILD KING・10話【感想】

癖の強い「ビガー工法」受験者の面々。

そして親方や大手ゼネコンの方々もそれを上回る癖の強さ(笑)ナナはこちらの面々は顔見知りのようです。

要塞建築のスミス一世とか海中建築のギャラン・DOとか相変わらず癖の強いキャラ作るのうまいなぁ(笑)

とんかちは同じ受験者たちに向かって「一緒に試験頑張ろー!」発言したけど、みんなとってもクールな反応。そんな中でONE PIECEのキッ◯みたいなキャラが絡んできてちょっとびっくり。

口の悪さも容姿もわりと被ってるけど、ただの噛ませ犬かどうかは今のところ不明。でも、とんかちの方が多分強いかな。

次回より試験開始だけど、試験中に何か起こるのも最近の漫画だと定番なので、素直に試験だけで終わるとかは多分なさそうな予感。

それにしても「ビルドキング」の掲載順位がここまで落ちてきてるのは予想外だった。

建築バトル漫画という新境地だからこそ出来る、とんでも展開を見せてほしいところですなぁ。個人的にはとても楽しみにしてるので。

まとめ

2021年少年ジャンプ9号掲載の全20作品について感想を書かせていただきました!

最後まで読んでいただき感謝です!

まずはアニメ化予想についてですがやっぱり今年は『マッシュル』がきそうですね。あとぶっちゃけまだ話数は少ないですが『SAKAMOTO DAYS』にも可能性を感じてしまいました。

打ち切りに関しては今のところ次の新連載ラッシュまで、ひとまずの危機は去ったかと思われます(多分ですが)。

そして今週、エイジが個人的に面白いと思った作品ベスト5は以下です!

今週のベスト5
1位・僕のヒーローアカデミア→ホークスの過去と今後が気になりすぎる
2位・ONE PIECE→ゾロの閻魔が当たってたら一位だったけどそれは次の楽しみ
2位・SAKAMOTO DAYS→新しい殺し屋キャラがインパクトありすぎて今後の期待値が高すぎる
4位・逃げ上手の若君→まだ2話目なのに逆境すぎるし五大院との戦いも楽しみで既に十分面白い
5位・呪術廻戦→敵対しての乙骨登場や、虎杖の死刑などショッキングで面白いけど辛すぎる

皆さんのベスト5はどの作品でしたか?

エイジ
今週もサイコーに少年ジャンプおもしろかった!!
ツマコ
来週からあの篠原健太先生「ウイッチウオッチ」がついに始まるっ!
エイジ
『スケットダンス』も『彼方のアストラ』も最高だったので超絶楽しみ!!
もう「OK! JUMP GUY」を読んでる暇はないかもしれない!
ツマコ
うん‥まぁそこは好きにすれば良いと思うよ‥。
先週号記事

コスプレ オタク主婦 週刊少年ジャンプ8・2021年2月8日号の感想を読みたい! 今年アニメ化されそうな作品と打ち切りになりそうな作品を教えて! ブログ「ヲタヨリ。」で選ぶ今週号ベスト5はどの作品? 本記事はそ[…]

ブログランキング・にほんブログ村へ 読んでくれてありがとうございました♪

最新情報をチェックしよう!