Dr.STONEアニメ2期放送開始で石化の謎に迫る千空が表紙!【少年ジャンプ7号感想2021】

ピッコロっぽい
おじさま
週刊少年ジャンプ7・2021年2月1日号の感想を読みたい気分!
今年アニメ化されそうな作品と打ち切りになりそうな作品はどれ?
ブログ「ヲタヨリ。」で選ぶ今週号ベスト5はどの作品?
本記事はそんな疑問やご要望にお応えするために小学生からアラフィフの現在に至るまで少年ジャンプを読み続けているエイジがジャンプ本誌に掲載されている全ての連載作品について感想を述べる内容となっています。
興味のある方は是非お読みください。
※ネタバレしまくりなので未読の人はご注意ください

Dr.STONEアニメ2期放送開始で石化の謎に迫る千空が表紙!【少年ジャンプ7号感想2021】

今週号の少年ジャンプ表紙&巻頭カラーはアニメ2期が放送開始で人気絶好調の『Dr.STONE』!

石化装置・メデューサを握り締めて気合いを入れまくってる千空がアツい感じです!

普段あまりこういう表情しない千空さんなのでなかなか新鮮ですね。

ツマコ
『Dr.STONE』は安定して人気があるわね!
エイジ
掲載順も常にほぼ3位以上。少年ジャンプでもかなり力を入れている作品の一つだね。
ツマコ
そんな『Dr.STONE』を筆頭に今週も掲載順で少年ジャンプの感想記事スタート!

少年ジャンプ2021年7号連載作品を掲載順に感想書く!【読切の感想も】

Dr.STONE・181話‥表紙&巻頭カラー【感想】

巻頭カラー扉絵は『ONE PIECE』コラボで千空とエースがアツい握手(本当にアツい)を交わしているイラスト!!

何と『ONE PIECE』のあの赤犬との戦いからエースが抜け出してきた感じ?

Boichi先生、エースのスピンオフ描いてるから、こういうのもレアで良いですね。

で、本編の方はついに見つけた山と積まれた大量のメデューサ(石化装置)で、石化の謎に肉薄かと思いきや、電池切れ。まぁ何千年も経っているしそりゃそうか。

てか電池って使い捨ての電池なのか、充電式なのか興味ある。ソーラーとかで充電できないのかな(笑)

カッコつけながら、あざとくメデューサをくすねるゼノとそれを見抜くゲン、そんでゼノにそれを戻させようと必死になるクロム。その状況を理解しながらゼノにもメデューサを調べてもらいたいからと化学者同士の信頼からゼノの行為に目をつむる千空。

たったこんだけのやりとりで、それぞれの関係を見せるのうまいなぁ。

そして化学者としては発展途上のクロムだからこそメデューサのある特性に気づき、それを利用してステルス船を完成させるという展開。改めてすごい漫画だなと思いました。

そういえばメデューサって不思議な形でちょっとメビウスの輪に似ている。これは今後、石化の謎に絡んできそうな予感だけどどうなるかな。

created by Rinker
¥460 (2021/06/18 19:05:09時点 Amazon調べ-詳細)

ONE PIECE・1001話【感想】

ルフィがカイドウを殴り倒して始まった、カイドウ&ビッグマム戦!

以前はカイドウに手も足も出ずに負けたルフィとは次元の違う強さになっていることにびっくり!

ゾロの言葉で、そう言えばその後、ルフィは敵に捕まりながらもヒョウ五郎親分から覇気の修行を受けていたっけと思い出す。

しかも今回はゾロとの共闘な上に、キッドにキラー、そしてローもいる。

特にゾロはかつてカイドウに傷をつけたとされる名刀「閻魔」を持っていることと、以前クイーンとの戦いで流桜をマスターした描写もあり、この戦いのキーマンであることは間違いなさそう。

にしてもみんな強くて痺れるぅ!

それとルフィがキッドとローを焚きつけたチキンレースで結果、全員ビッグマムの攻撃を食らうのには笑った。余裕あるなぁ(笑)

まさに頂上決戦最高峰で大興奮!これまでの伏線からいろんな展開を予想してしまいますが、今はただ何も考えずに戦いの行末を見守りたいと思います!

呪術廻戦・135話【感想】

脹相の「俺はお兄ちゃんだぞ!」発言の真相は、脹相の血の繋がった弟達の異変はどんなに離れていても感じ取れるという術式の影響にあった。

つまり脹相は虎杖悠仁の死という異変を感じてしまったことで虎杖が自分の弟であることを自覚したということ。

脹相の父親は姿を変えて体を転々として生きながらえる加茂憲倫であれば、確かにどこかで血が繋がっていてもおかしくはない。

からの「全力でお兄ちゃんを遂行する!!」には吹いた(笑)

前から脹相ってブラコンだと思ってたけど殺そうとしてた虎杖に対してこの変わり様はすごい(笑)

脹相も味方になってこれはイケるかと思いきや、裏梅の反転術式が強力すぎる(涙)

そんな全滅しそうな絶体絶命の展開に突如現れたのは特級術師・九十九由基!

この人は気になってた!過去に夏油と単独で接触したり、ルックス的にも目の下にある線(宿儺?)があったり。一応、呪術高専側の仲間だと思っていいんだよね。

大丈夫かな?二転三転する超展開が続いているのでビビりながら見てます(笑)

created by Rinker
¥460 (2021/06/18 13:20:35時点 Amazon調べ-詳細)

マッシュル-MASHLE-・46話【感想】

先週号の3本目の線が浮き出たレインとマカロンの激突寸前の引きから、ものすごい温度差のマッシュ達のスゴロク展開(笑)

何故かすぐ「魔法が使えないことがバレてゲームオーバー」のマス目に止まってしまうマッシュは、傷ついたていでシュークリームを独り占めするために外へ。

バレない様にダッシュでみんなの元を離れた先でレインとマカロンの戦いを偶然見つけてしまう。

レインの「あいつは抗っている、自分の運命に」という言葉にマッシュは何を思うのか。

そしてマカロンの猛攻からのレインの3本線の神の力を呼び覚ます「ブラックパルチザン」!

一気にレインが勝つ、と言いたところだけどマッシュも見てる前なのでこれは波乱が起こりそう。

①マカロンも3本線覚醒で形勢逆転、②他の神覚者乱入で形勢逆転、③マッシュが足手まといになり形勢逆転のうちのどれかかかなぁ。

created by Rinker
集英社
¥484 (2021/06/18 12:37:25時点 Amazon調べ-詳細)

ブラッククローバー・278話‥センタカラー【感想】

ダンテと対峙するナハトとジャック。

しかしジャックのデスサイズもダンテの自己再生機能によって即回復されてしまう。

そしてダンテの重力魔法「魔王の御前」により床にひれ伏してしまうナハトとジャック。それでもジャックの「斬れないモノでも斬れる可能性がある魔法」に賭けるナハトは悪魔同化(ユナイト)し重力から立ち上がり、ジャックの闘争本能を挑発する。

ナハトの挑発から自問自答し覚醒するジャック。何と重力を斬り裂きダンテの魔法から脱出しついにダンテを斬り裂くことに成功する。

ここへきてブラクロの王道バトル展開はアツいなぁ!

最近はどちらかというとジャンプは設定が小難しい漫画が多いけど、ブラクロの単純明快な感じは好きです。とは言え、これで終わりじゃないことは間違いない(笑)

おそらくは絶妙なタイミングでアスタが来るでしょう!展開は読めるけど面白ければそれで良し!

僕のヒーローアカデミア ・297話【感想】

やはり舞台はオール・フォー・ワンが収監されている、対”個性”最高警備特殊拘置所・通称「タルタロス」へ。

死柄木の体に潜むオール・フォー・ワンの意識と収監されている本体の意識の共有により、襲撃のタイミングと拘置所システムのロックダウンのわずかな隙をつき内側から拘置所システムを破壊。

オール・フォー・ワン本体だけでなく、これまでヒーローに倒され収監されたマスキュラーをはじめムーンフィッシュなど他のヴィランたちも次々と脱走する最悪の事態へ。

これステインはどうなるんかなとか思ってしまった。

そしてついに対峙するオール・フォー・ワン本体と死柄木。

死柄木はオール・フォー・ワンに対して「駒にはならない」と言いオール・フォー・ワンは死柄木を「次の僕」と言っているので完全に意見は対立しているため、場合によっては両者が争うと言う展開も考えられる。

まぁでも、おそらくは死柄木はオール・フォー・ワンに完全に乗っ取られてしまうのではないか?と言う気がしてしまいます。どうなるんかなぁ。

SAKAMOTO DAYS・7話【感想】

まだ7話目だけど掲載順位が下がらない『SAKAMOTO DAYS』は人気出てるのかな?

ちなみに自分的にはかなり面白い作品だと思って読んでます。

本編は、殺し屋協会で10億の懸賞金がかけられた坂本だけど、家族サービスで遊園地へ行かなければならないカオスの真っ只中(笑)

一人目の殺し屋はシンの心を読む力で事前に存在を察知し家族にも知られず撃退する坂本だが、二人目の殺し屋はシンに心を読ませないために「何も考えない」と言う発想とそれを実行する空気が普通ではなく激闘の予感。

そして坂本の家族サービスを守るためにシンが殺し屋の前に立ち塞がる。

今回のシンはカッコイイ!一回転するジェットコースターの一番高いところから飛び降り、下に降りてきたジョットコースターに飛び乗ると言うアクション映画並みのスタントを披露!

一応この作品、コメディ漫画なんだけどバトルシーンもめちゃカッコイイのでマジで人気出そう。要チェックです!

僕とロボコ・25話【感想】

今回は神回認定したいくらいアホで笑った!!

てか完全にスラムダンク映画化記念回じゃね?

これはアカンわ‥ネタバレしたくないくらい面白いのでスラダン好きの人は絶対読んで欲しい(笑)

もうツッコミどころが多すぎて笑うしかない(笑)

ボンドがズボン履き忘れて登校して、それを隠すために親友のガチゴリラとモツオが奮闘し、ボンドが傷つかない様に本人に気づかせずにズボンを履かせるミッションを遂行すると言うカオス展開(笑)

てか君たちボンドに過保護すぎでしょ!

とりあえず最後の一コマは絶対描きたかったんだろうな(笑)

created by Rinker
¥460 (2021/06/18 13:20:36時点 Amazon調べ-詳細)

夜桜さんちの大作戦・66話【感想】

今回も引き続き決戦前のなごみ回だけどタンポポ襲撃作戦、通称「夜桜前線」の目的が明らかになった。

その目的とは「タンポポ幹部・皮下の逮捕」、「実験体の開放」、「夜桜百の真相解明」の3つ。

まぁだいたい考えていた通りだと思っていたら、凶一郎が太陽だけに明かした裏の任務があった。

その「第四の任務」は母の遺体の回収と夜桜家ゆかりの地で眠らせること。そんな重要で重たい任務を太陽とだけ共有するのは、おそらく凶一郎の太陽への信頼があってこそだろう。

ただ気になるのは凶一郎の「保身」という言葉だったり「もし俺の身に」と言いかけたりと、あの傲慢で最強な凶一郎がフラグを立てちゃってるところ。

それだけ父の夜桜百はヤバイ相手ということなのか?

そして次週はセンターカラーで「夜桜前線」が始動。

もともとコメディ漫画だった気がするけど最近どんどんバトル色が強くなっていくけど、面白ければオケ。

怪物事変・出張版読切‥センターカラー【感想】

ジャンプSQ(スクエア)で連載中の『怪物事変(けものじへん)』が1月よりアニメスタートということで、ジャンプ本誌に出張読切掲載。

出張読切って作品をたった30ページちょっとで世界観や物語の概要を伝えないといけないからハードル高いはずなのに、しっかり作品の面白さを伝えてきて、アニメにも興味が持てた。

本編は人知れず活動する怪物専門のトラブル相談所「隠神怪物相談事務所」に居候する半妖の子・夏羽(かばね)が人間の女子高生・伊藤優芽子に起こった、何もないところから鉄骨が落ちてくるという不思議な事故を解決するというもの。

よくあるバトルモノのように戦って解決ということではなく、一つ一つ原因を究明して解決するという展開が新鮮だった。

ちなみに優芽子ちゃんは事件解決後、その一部始終の記憶を消されてしまい「これっきり」みたいな感じで終わったけど、レギュラーではないのかな?

いろいろと気になる面白い作品だったのでまずは、アニメを見てみようかな。

created by Rinker
¥502 (2021/01/30 01:08:35時点 Amazon調べ-詳細)

ヴァティ•リペぺ・読切‥センターカラー【感想】

兵器の女の子と凄腕の殺し屋の物語。

兵器の女の子・リペぺはなかなかオタク受けしそうなキャラだし、主人公の殺し屋・ヴァティもイイ感じ。個人的にはもう少し男臭い方がカッコイイ気もするけど。

展開として主人公・ヴァティと兵器の女の子・リペぺとの交流からの、リペぺは自体がボスがヴァティを殺すために送った罠だった。そして主人公はボスへの復讐とリペぺを取り戻すために立ち上がる。

ある程度のストーリーは読めるものの、盛り上げ方がうまくて、最後のヴァイスが差し出した指にリペぺがつかまり、そのまま変形して引き金が指にかかる演出はカッコ良すぎた。

さすがに連載を賭けた読切なだけあってレベル高い。

ちなみに読切3連弾とのことで、あと2回レベルの高い読切が続くと思うと楽しみ。

あやかしトライアングル・28話【感想】

久しぶりの祓い忍の任務で、家に憑いた妖を祓うために寂れた家を訪れる祭里とすず。

しかし家に宿っていた妖に操られて過去に住んでいた夫婦の生活を演じさせられる二人。

妖の術だと分かっていながらも、かつて住んでいた夫婦の幸せな生活にシンクロした二人は家にいることを心地よく感じ、二人でずっとこの家に居たいと思い始めてしまう。

幸せを感じてしまう術から抜け出せない二人だが、そこへ不思議な少女(妖?霊?)が現れ、すずに声をかける。

「お手本を見せるね」そう言って少女がすずと同化すると、すずの髪は長くなりすずではない別の気配へと変化。

すずに同化した少女はいとも簡単に妖を浄化し、祭理に謎の言葉を残し「ありがとう、祭理がいてくれたから私は”花奏すず”になれたんだよ」と。

言葉の内容から少女は祭理やすずをよく知っている様子。容姿は以前ちょっと出てきた幼い頃のすずによく似ている気がします。実はすずはもともと妖だったとか?‥うーむ分からん。

BUILD KING・8話【感想】

とんかちがビガーハンマーで逆さ城に活力を与える渾身の一撃!

すると新しい牙が生えてきて老朽化した逆さ城が崩壊!

つまり逆さ城は竜の牙を掘ったり、削ったりしてできた家ってことね。

てことは新しい牙を家に作り変える仕事がまだ残ってるわけで、ビガーハンマーの使いすぎで満身創痍のとんかちはレンガに思いを託してリタイア。

そしてレンガもやっぱり武器(工具)を持ってた。その名も「ビガーソウ(のこぎり)」。

一瞬のうちに巨大な丸太を角材に切り落とすレンガが現場を仕切り、地元の職人とともに新逆さ城を建設していく。

そして完成した新しい逆さ城はこるくの趣味に合わせた感じなのか、めちゃファンシー(笑)うーん‥個人的にはもうちょっとスタイリッシュなデザインの方が良かったかな(笑)てか建築デザイナーはいないのか(笑)

まぁデザインはともかく、依頼主のこるくも、こるくのパパもみんな大喜びでめでたしでした!

ところで「内装」とか「ツーバイフォー」とかわりと建築用語が出てくるけど建築知らない読者はついてこれるのか、ちょっと心配。

灼熱のニライカナイ・26話【感想】

海洋機動捜査隊隊長・神宮寺トメ、めっちゃつえぇ(笑)

インミア・クンスト(海中戦闘術)カッケェ!!「海氣八極」って水中の八極拳みたいな感じなの?

てか水中で喋ったり、本当に人間なの?何か特殊な理由がありそうだけど、ただ訓練したからってことでは無いと思うなぁ。

で、トメ隊長はオコゼとカクレクマノミの魚人を瞬殺!!とは言え、教団も海の犯罪者をさらに囲っているらしくギャングランク上位ランカーが二人、神室と共に登場。てかこの二人、何気にザーボン(ロン毛)とドドリア(イボイボ)っぽくて笑った。

最後に鮫島を好きなはずのセイラが教団側に普通に登場して気になる展開。

一方、毒をくらってリタイアかと思われた鮫島が驚異のタフさと執念で先を急ごうとしますが、そこへ立ち塞がるオルフェウスの行動も気になりますね。

掲載順位も上がってきたし今後の展開が楽しみな漫画ですな。

アンデッドアンラック・47話【感想】

自身の過去を描いた本と化したアンディ、その中に入り込んだ風子。二人を守るために現世でアンダーと一人戦う安野雲(アンノウン)。

そんな彼の壮絶な過去がついに明らかに。

幼い頃、アーティファクト(古代遺物)・Gライナーに触れてしまったことでループする世界の、その回だけの過去と未来を全て見ることが出来るようになってしまった九能明(安野雲の本名)。

彼はその世界で戦うユニオンや否定者たちの物語を知り、感動と興奮に包まれるが、その時、同時に誰にも存在を認知されない否定者にも選ばれてしまう。

それにしても、どんなに叫んでも母親はもちろん誰にも届かないって、かなり辛い部類の否定者ですな。

その後、安野雲として九能明の存在と関係のない内容であれば、作品として世に出せることに気づいた九能明は、否定者でありながら未来の物語で運命に抗うアンディと風子の存在に励まされながら漫画「君に伝われ」を描き続けます。

「彼らがいるから‥俺は生きてる!!」漫画家として命とも言える、もう片方の腕もリップに切り落とされながらも、立ち塞がる安野雲(アンノウン)がアツい!

そしてついにアンディと風子が帰還!

これは次回どうなるんかな?安野雲は否定者だけど人間だから普通に出血多量で死にそう。てか、未来を知ってる存在は物語的に登場し続けるのはやはり無理があるから、やっぱり安野雲の死は確定なのかなぁ‥。

破壊神マグちゃん・27話‥センターカラー【感想】

マグちゃんセンターカラー多いな!もう完全に人気作品か?

でカラー扉の裏には、すごろくがついてます(笑)てかすごろくで「コミックス2巻好評発売中!」って(笑)

さて、本編はマグちゃんと流々とお母さんで初詣。

例によって騒動勃発でマグちゃんが7つに分裂して散り散りに。

「集めたら願いが叶いそう」ってお母さんがドラゴンボールネタをぶっこむとは(笑)

そして「マグちゃんを探せ」的な感じで物語は進み、お餅と一体化したマグちゃん共食いからの「新年初爆裂(はつひので)」!

最後はお母さんが流々とマグちゃんに家のことを託して海外の仕事先に戻る感じでおしまい。

新年早々ほのぼの優しい世界で今週もほっこり。

高校生家族・21話【感想】

光太郎の男子テニス部のお話し。

てか光太郎、普通にテニスうまいじゃん。「ジャックナイフみたいなやつ」って(笑)

光太郎もテニス部の先輩たちに受け入れられて、ようやく本格始動かと思いきや「廃部通知」が普通に部室の扉に挟まってるって酷すぎて笑った。しかも校長直筆(笑)

それを見た、先輩たちはテンションだだ下がりだけど、入部したばかりの光太郎には廃部のことが言い出せず、ヤケクソで雨の中、テニスの打ち合いに興じるカオスな展開に(笑)

でもそれが功を奏して、がむしゃらに頑張る彼らの姿を見ていた校長と顧問は男子テニス部の廃部を見送るのでした。

なんだかんだ光太郎しっかり青春してて、ちょっと安心(笑)。

仄見える少年・19話【感想】

伊織と黒瀬、哀別さんの連携で神崎の千手童子の腕だけを焼き尽くすことに成功!

崇拝する千手童子の腕が払われ泣き叫ぶ神崎。

しかし同時に霊界と混ざった小町つむじちゃんも、その姿が保てず崩壊寸前。そこでまたも黒瀬、伊織、哀別さんの連携が冴え渡り見事つむじちゃんを人間に戻すことに成功!

伊織がつむじちゃんの意識を保たせるために、彼女へ言った言葉がアツい!これはつむじちゃん、伊織に対してさらに好意を寄せる気もしますな(笑)

とりあえずめでたし、と思いきや千手童子の「宿し手」という何だか不穏な言葉が‥。これはきっとこれからその「宿し手」を全て倒さなければいけないとか、そういうヤツかなぁと勝手に推測。

次号どうなるか見てみましょ。

created by Rinker
¥460 (2021/06/18 07:05:40時点 Amazon調べ-詳細)

森林王者モリキング・35話(最終回)【感想】

地球王(ホシキング)を賭けた戦いでモリキングが勝利し、その願いが叶えられた世界の6年後、翔太は中学3年生になっていた。相変わらず昆虫大好きで、あの桜ちゃんとも良い感じ。

モリキングの願いがどんなものなのか気になりつつページをめくると、かつて昆虫だったオオカマキリとオオスズメバチの女子コンビが普通に人間の姿に!

そして女子大生になった勝子とは親友っぽい感じで同じ大学で青春を謳歌している模様。

桜ちゃんのペットだったオオムラサキの王器も普通に極道っぽい環境保護団体やってるし(笑)

つまりモリキングの願いは「虫から人への進化」。それを望んだ虫は人間に、望まなかった虫はそのまま虫として生きることを選択し、モリキングそのまま虫でいることを選んだ。

普通で考えればカブトムシは一夏で寿命は尽きるが、翔太の願いはもう一度モリキングに会うこと。

最後はまた、翔太と勝子が全裸で気にしがみつくモリキングと再会して終了!

最後まで描き切って良い最終回でした!人間の姿をした虫という設定がインパクト抜群で楽しませてもらいました。

長谷川先生お疲れ様でしたー!

created by Rinker
集英社
¥484 (2021/06/18 03:10:14時点 Amazon調べ-詳細)

ぼくらの血盟・17話【感想】

屋敷の床に食べられるようにして閉じ込められた廽峯。

屋敷はなんと、シンとコウの師匠・藍月の血を大量に混ぜた生き物のような家だった。

廽峯を監禁した部屋は消耗させることに特化しており、獣化することも厭わない恐ろしい空間。

そんな廽峯のことを許そうとするシンと、「助けたくない」というコウ。

いつも兄にべったりのコウが意外な反応だけど、これこそが子供の反応でむしろリアリティがあって良かった。

そして何故かシンと一緒に出かけたいと言うコウ。なんだろうこの強引な展開は?と思ったけど「行きたいところがある」と言うコウには何か理由がありそう。

そしてシンとコウが出かけて3日。獣化寸前の廽峯はどうなるのか?シンとコウはどこに出かけたのか?

果たして次週どうなるのか?もしや打ち切りとかで強引な畳みになってるとかじゃないよね‥?

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました!

2021年少年ジャンプ7号掲載の全20作品について感想を書かせていただきました!

アニメ化予想については『マッシュル』、『夜桜さん』、『アンデッドアンラック』といったところ。特に『マッシュル』は今週も掲載順は4位と高くその人気の高さが伺えますね。

打ち切り作品の予想は『僕らの血盟』ですね。掲載順が安定して低く、そろそろ新連載作品の掲載が始まるので終わってしまう可能性は高いです。

そして今週、エイジが個人的に面白いと思った作品ベスト5は以下です!

今週のベスト5
1位(同率)・ONE PIECE→カイドウ&ビッグマム戦がついに開戦で激アツだった
1位(同率)・呪術廻戦→偽夏油とのバトルと九十九由基の登場で面白すぎた
3位・僕とロボコ→スラダン好きで今週笑わなかった人いるのって感じ
4位・アンデッドアンラック→安野雲の正体と過去からのリップ再戦で面白かった
5位・SAKAMOTO DAYS→映画みたいなキレキレアクションが最高だった

皆さんのベスト5はどの作品でしたか?

エイジ
今週も少年ジャンプ一気読みで改めて面白すぎる漫画雑誌でした!!
ツマコ
来週からはあの『魔人探偵脳噛ネウロ』、『暗殺教室』の松井優征先生の新連載『逃げ上手の若君』が始まるよ!!
エイジ
ヒットメーカーの松井先生新連載は楽しみすぎるので、「OK! JUMP GUY」のアツいコメントでも読んでホームパーティーでも開くかな!!
ツマコ
いや「OK! JUMP GUY」そこまでテンション高くないでしょ‥。
先週号記事

麦わら おじさん 年明け最初の週刊少年ジャンプ5,6・2021年1月22,23日合併特大号の感想を読みたい! 今年アニメ化されそうな作品と打ち切りになりそうな作品を知りたい! ブログ「ヲタヨリ。」で選ぶ今週号ベスト5[…]

ブログランキング・にほんブログ村へ 読んでくれてありがとうございました♪

最新情報をチェックしよう!