「煙と蜜」の感想!気になってめずらしく考察してみた。

  • 2021年1月4日
  • 2021年4月5日
  • 漫画
  • 0件

漫画を求めて今日も本屋へ。どうもアイコですこんにちは。

というわけで、本屋で並んでて軍服と着物のお二人が雰囲気あるな~と思ったこの漫画を購入。

るんるんで購入。


煙と蜜 第一集 (HARTA COMIX)

 

今回はこの「煙と蜜」の感想をツマコ目線で書いていきたいと思います♪

created by Rinker
¥653 (2021/06/18 10:02:17時点 Amazon調べ-詳細)

「煙と蜜」はどんな話?面白いの?

「煙と蜜」は、

漫画誌ハルタで連載中。
作者・・・長蔵ヒロコ先生

まず、ぱっと見たときは、明治?大正?あたりの雰囲気ある素敵な表紙だな~と感じたのと、

 

アイコ
このお二人は親子なのかな??

 

と思ったアイコです。

created by Rinker
¥1,200 (2021/06/18 19:17:40時点 Amazon調べ-詳細)

 

しかしここ、帯をみたら・・・

 

アイコ
ほぉぉぉ許嫁とな・・・!
年の差恋愛の話だったのかー!
それともう一つ思ったのが、

 

アイコ
男性のほう・・・顔怖くね?目のクマひどくね?

 

でした。
しかし、漫画を読み進めていくうちにその感想がまさかあぁなるなんて・・・・!

「煙と蜜」の内容は?

「文治さま」「許婚殿」と呼び合うふたりは、歳の差を超え愛を育んでいく。
花塚姫子12歳、土屋文治30歳。ふたりの関係は「許婚」だった――。
西洋のモダンな文化が広がり始めた大正時代。
華やかで活気に溢れたその空気の中で、「文治さま」「許婚殿」と呼び合うふたりは、18の歳の差を超え、ゆっくりと愛を育んでいく。

そう・・・表紙で親子とはじめに思ってしまったとおり、12歳と30歳という傍から見たら子供と大人・・・

 

アイコ
一体どんな恋愛漫画になるのやら・・・
年の差の話なんて最早珍しくはないのかもしれません・・・
しかし、片方が小学生・・・
ちょっとどうなるのかわからず心配しながらページをめくっていくわけですが・・・

 

アイコ
いやいやいやはじめの心配なんのその!

 

大正の時代に紡がれる日常と純愛じゃん!
すんごいラブラブ!イチャイチャ!っていうわけじゃないんです。
姫子ちゃんの方が文治様を好き好き感が強くて、いつもドキドキしてておしとやかでかわいい。
文治様は子供を大事にするかのような優しさで姫子ちゃんを包む・・・

 

アイコ
大人の男性に憧れるときってあるよねー

 

ちょっとここで読者の皆様の感想をみてみます。

 

こりゃみんな大好きだわ

 

姫子ちゃんかわいい!文治様かっこいい!

まずしつこいですが、姫子ちゃんめちゃ可愛いです。
文治様の一言一言、しぐさのひとつひとつにキュンキュンしてて、見てるこっちもドキドキ。

 

アイコ
純粋無垢だったあの頃を思い出すわぁ
クソエイジ
君にそんな時代が?wぷw
アイコ
・・・

 

あと、アイコの目と記憶が確かなら、毎回姫子ちゃんのお着物の柄が違います。
設定がご令嬢だからかな?毎回お着物チェンジは作者様すごい!と思うし、見ててとても華やかですてきです♪
そして文治様なんだけど・・・今現在(2021年1月)発行されている2巻までを読み終えたら・・・

 

アイコ
クマ顔の怖い軍人さん

色気があり、仕事ができるかっこいい大人!に変わりました!

 

まだ姫子ちゃんに対して恋愛対象としてみてる感じには見えませんが、姫子ちゃんに接しているときはめちゃめちゃ優しくて紳士なんですよ。
しかし、仕事オンモードになるとこらまたかっこいい。

こちらのTwitterに載っている右側の文治様。

アイコがかこえぇぇぇと思ったコマです♪

軍服を着用するシーンだけに数ページも使われており、まるでヒーローの変身シーンかのごとく、オンモードのスイッチが入ります。

 

アイコ
そのギャップよ!ギャップ萌えよ!ギャップ!
今後そんな二人の恋愛がどう発展していくのが楽しみです♪
最後にハルタ様で素敵なイラストを載せてくださってましたー♪

ネタバレありの考察

めずらしく最後は考察なんてしてみようと思います。

というのも、

このツイートをみて、

 

アイコ
確かに・・・文治様は軍人さんだし何か戦争とかあるのかも・・・??
そう思ってまったく歴史は詳しくないツマコ、ちょっとばかし調べてみました。
まず、このお話の舞台は、
大正5年
名古屋
文治様が所属するのは
帝国陸軍
第三師団
歩兵第六連隊

 

アイコ
これをキーワードに調べてみると・・・

・1918年(大正7年)8月 – シベリア出兵

ー出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ん~~~~なんとも穏やかでないワード・・・

たった15年間の大正時代ですが、調べてみるとなかなか激動で。

1923年(大正12年)には関東大震災も起こっています。

「煙と蜜」の舞台は名古屋なので直接は関係ないと思いますが、姫子ちゃんはどうやら東京から引っ越してきている&お父様がまだ漫画に登場していないなどから、いろんな想像をしてしまいます。

 

アイコ
・・・・とにかく続きがきになりますー
このまま何気ない幸せな日常が続いてお二人がめでたく結婚できたらいーなー!
【追記】
どうやら3巻は2021年初夏に発売の模様♪

 

アイコ
そして相変わらずほほえましい・・・♪

 

created by Rinker
¥653 (2021/06/18 10:02:17時点 Amazon調べ-詳細)

ブログランキング・にほんブログ村へ 読んでくれてありがとうございました♪

最新情報をチェックしよう!