スパイファミリー5巻の感想・ヤベェ新キャラに腹筋崩壊した件【ネタバレ有】

  • 2020年10月18日
  • 2021年1月3日
  • 漫画
  • 0件
ツンデレ
魔法少女
『スパイファミリー』売れてるみたいだけど最新刊5巻もちゃんと面白いのかしら?
『スパイファミリー』の魅力が何なのか教えなさいよね!
べ、別にすっごく興味があるわけじゃないんだからねっ!
本記事はそんな疑問にお答えするためにオタク歴35年のエイジが独自見解で感想をしたためております。ぜひ読んでみてくださいね。

スパイファミリー5巻の感想の前に魅力を考察

2020年9月現在、既に累計発行部数550万部突破のスパイファミリー【SPY×FAMIRY】最新5巻のネタバレ記事です。

エイジ
この漫画マジで、すぅーきぃー♡♡♡
5巻も新キャラ続々登場で規格外の面白さですな!
ツマコ
キャラ設定、マジでウマすぎよね!ここでこういうキャラが出ればそりゃ面白いってところを巧みについてくるのよ。

本格的に5巻の感想を述べる前に『スパイファミリー』のことをよく知らない人のために、ここで簡単にストーリー設定とキャラ紹介しをておきましょう。

ストーリー
西国の凄腕諜報員(スパイ)・コードネーム〈黄昏(たそがれ)〉は東国との戦争を回避するため、東国の戦争の引き金となるえる重要人物・デズモンドに近づき情報取得の任務が与えられる。
任務の名はオペレーション〈梟(ストリクス〉。用心深いデズモンドに近づくために偽りの家族を作り、デズモンドの子供が通う名門校の懇親会に参加し潜入捜査せよ、というもの。
かくして黄昏は新しい偽名、ロイド・フォジャーを名乗り、偽りの家族作りから任務を始めていくが‥。

続いてキャラ紹介です。
主要キャラ紹介
ロイド・フォージャー:西国のスパイ〈黄昏〉が演じるフォージャー家の主人
アーニャ・フォージャー:とある組織より逃亡中の人の心を読める超能力少女。ロイドに引き取られ娘となる
ヨル・フォージャー:〈いばら姫〉という裏の顔を持つ凄腕の殺し屋。利害が一致しロイドの妻となる
ボンド・フォージャー:予知能力を持つ大型犬。アーニャに気に入られフォージャー家のペットとなる
ユーリ・ブライア:スパイの天敵、東国の国家保管局(通称・秘密警察)に務めるヨルの弟、極度のシスコン

スパイものという緊張感にコメディをかけ合わせたストーリーとなっており、キャラ設定も秀逸。

それぞれが自分の正体を隠しながらも利害を一致させて、物語を作り上げていく構成は最高に面白く、ギャグもバッチリ噛み合っているという、すげー漫画です。

エイジ
まだコミックスは5巻までしか出ていないのに「神漫画」とも呼べるべき面白さ!そりゃ売れるよね!
ツマコ
『このマンガがすごい!2020(オトコ編)』第1位、『次にくるマンガ大賞・Webマンガ部門』第1位、『マンガ大賞2020』第2位という実績にふさわしい面白さ!こりゃすげー!

そんなわけで、以前より我がブログ「ヲタヨリ。」でも『スパイファミリー』は全て初版で買い揃えるほど大好きな漫画で、その魅力を紹介しておきたいと思います。

エイジ
ワシの考える『スパイファミリー』の魅力は一言で言えば「分かりやすさ」、これに尽きるね。
ツマコ
「分かりやすさ」意外とシンプルね。それってすごいことなの?
エイジ
「分かりやすさ」は漫画にとって命!誰が読んでも理解できて楽しめる「分かりやすさ」こそがエンターテイメントの真髄!それを高いレベルで達成できているのが『スパイファミリー』の最大の魅力ですな!
『スパイファミリー』に見る「分かりやすさ」の数々は以下の通り。
・分かりやすいキャラ設定→キャラの性格と立ち位置がしっかりしているので行動原理がブレない
・キャラ関係の分かりやすさ→偽の家族ながら絆を深めていく安定の感動展開
・相対するキャラ設定が分かりやすい→ここにこのキャラがいればというツボを確実に押さえている
・意外性はしっかりあるのに共感できる構成力→アーニャの行動など予測不能なことの理由づけがうまい
・分かりやすいカタルシス効果→目的達成した時の感動がジワる etc‥
ぶっちゃけ『スパイファミリー』は人が死にまくったり、超絶バトルが売りの漫画ではなく、奇抜な発想や突飛な演出で読者を引き付けるようなこともないので、ある意味派手ではないのですが基本をしっかり押さえつつ「分かりやすい面白さ」を高いレベルできっちり追求している作品です。
エイジ
未読の人はぜひ、読むべし!
created by Rinker
集英社
¥2,640 (2021/06/19 03:49:24時点 Amazon調べ-詳細)

スパイファミリー5巻感想・ヤベェ新キャラに腹筋崩壊した件【ネタバレ有】

さてさて、ここからは5巻に限定してネタバレ感想をどんどん書いていっちゃいましょう。
エイジ
第5巻のポイントは以下の6つ!定番ネタを含みながら見せ方がうま過ぎるので、クッソ面白い感じになってます!

『スパイファミリー第5巻』のポイント
①妻・ヨルの料理下手がベタすぎて「らんま1/2・天道あかね」を思い出した件(24話)
②アーニャの心を読む力が失われる「エクリプス」という現象が今後のストーリーにも絡みそうな件(26話)
③アーニャとユーリの距離が縮まるエピソードでギャグの切れ味が半端ない件(26話)
④新キャラのコードネーム・東雲(しののめ)という自称エリートスパイがツボった件(27話)
⑤新キャラでアーニャのクラスメイト・ジョージが「ちびまる子ちゃん・藤木」っぽいと話題な件(28話)
⑥新キャラのフィオナ「コードネーム・夜帷(とばり)」のギャップに腹筋崩壊!今後波乱を呼びそうな件(30話)

それぞれ解説していきましょう!

①妻・ヨルの料理下手がベタすぎて「らんま1/2・天道あかね」を思い出した件(24話)

ツマコ
天道あかねちゃん‥また懐かしい感じのキャラを出してきたわね。
エイジ
らんま1/2の時代から料理下手ヒロインはもはや定番と言って良いほどコメディの基本だね!基本を守りつつ、しっかり笑わせてしっかり感動させるエピソード展開のうまさはさすが!
ツマコ
シスコンのユーリが泣いて鼻血を吹きながらヨルの料理を平らげるシーンは狂気すら感じて、めっちゃ笑えた!
ヨルのことが大好きなユーリは明らかに体に異常をきたしながらも姉の料理は完食するという、ブレないシスコンっぷりを見せてくれます。
そして最後はしっかりフォージャー家の絆が深まる内容でほっこりさせてくる。
殺し屋のヨルが家族のために一生懸命に料理の練習をする姿もギャップがあってなかなか、たまらんですね!

②アーニャの心を読む力が失われる「エクリプス」が今後のストーリーにも絡みそうな件(26話)

エイジ
なんとアーニャの超能力「人の心を読む力」が新月(地球と太陽の間に月が位置する時)の時には使えないというエピソードが出てきたぞ!
ツマコ
これは今後のストーリー展開に関わりそうな設定ですな!
もともと人の心を読むことができるアーニャだけが、ロイドがスパイであること、ヨルが殺し屋であることを知っているのですが、その能力が失われてしまう「エクリプス」という状況があることはストーリー上でかなりの伏線を作れることになります。
エイジ
例えば、フォージャー家の脅威となるような存在にエクリプスのせいでアーニャが気づくことが出来なかったりとかの展開はありそう。
5巻ではエクリプスのせいでアーニャがテストのカンニングができないという危機がありましたが、今後どんな形でこの設定が絡んでくるか楽しみです☺️
なんせエクリプスになる新月は29.5日に一回という現象なので、結構使える設定ではありますよね。
こういう細かいけどストーリーの鍵になるような設定が「スパイファミリー」ではとても分かりやすく、さりげなく描かれているので、つくづく見せ方のうまい漫画だなぁと感心してしまいますね。

③アーニャとユーリの距離が縮まるエピソードでギャグの切れ味が半端ない件(26話)

重度のシスコンのユーリがヨルの頼みでアーニャに勉強を教えるエピソードが、それぞれの利害が一致しながら奮闘する姿が安定して笑えました。

エイジ
ユーリがアーニャを母親のヨル思いの良い子だと思うくだりから、自分が過去にどうして勉強に打ち込むことが出来たかを語るまでがシスコンすぎて狂ってるね!
ツマコ
アーニャの「知は力」を「ちわわぢから」と聞き間違えたのには吹いた!
なんだかんだユーリがしっかり勉強を教えながらもアーニャがほぼ理解してない結果がヤベェです。
エイジ
とにかくアーニャは人の心を読む能力以外はほぼポンコツ!それでもロイドの仕事をいつか手伝えればという動機で勉強を頑張ろうと思うアーニャは尊い。
ツマコ
話の展開が笑えながらも、それぞれの絆が深まっていく感じになるのが良いね。

④新キャラのコードネーム・東雲(しののめ)という自称エリートスパイがツボった件(27話)

エイジ
なんとついに黄昏(ロイド)のライバルキャラになりたいスパイ・東雲が登場!
めちゃくちゃ目立つ動きでスパイ行為を働くスパイ・東雲。
しかもその東雲という名前は黄昏に対抗して自分で付けたという‥。
ちなみに東雲と黄昏の意味は以下の通り。
黄昏(たそがれ)‥薄暗くなった夕方。夕ぐれ。比喩的に、盛りを過ぎ、勢いが衰えるころの意にも使う。
東雲(しののめ)‥夜明け。明け方。また、明け方に東の空にたなびく雲。
エイジ
勉強になるよねっ!
ヲタク情報と同時にタメになるブログ「ヲタヨリ。」!
ツマコ
急にそんな情報をブッ込まれても‥。
そんなわけでスパイ・東雲が登場しましたが、自分の名前を世間に売り込みたいみたいなので、スパイには向いてない性格だということがわかりました(笑)
何しに出てきたんだお前は‥。

⑤新キャラでアーニャのクラスメイト・ジョージが「ちびまる子ちゃん・藤木」っぽいと話題な件(28話)

エイジ
新キャラが続々登場する5巻。28話でスポットの当たるジョージもかなり癖の強いキャラだね!
ツマコ
ジョージはヒガミっぽくて、セコい根暗キャラ。思い込みで暴走するクラスに一人はいそうな迷惑な奴ね。
エイジ
こいつ誰かに似てると思ったら「ちびまる子ちゃん」に出てくる卑怯キャラの藤木にクリソツ!‥とはいえこう言う奴がいると決まってトラブルが発生するから今後も良い感じで物語に絡んできそうだね。
ツマコ
根暗卑怯キャラのジョージ‥覚えておいて損はなさそうね‥。
『スパイファミリー』は何気にこういうストーリーを走らせるキャラを上手に登場させながら、物語に生まれる必然を伏線として、しかも笑える形に昇華させていくのが素晴らしいですな。

⑥新キャラのフィオナ「コードネーム・夜帷(とばり)」のギャップに腹筋崩壊!今後波乱を呼びそうな件(30話)

エイジ
そして『スパイファミリー・5巻』の最大の見所はやっぱりこの人!フィオナ・フロス「コードネーム・夜帷(とばり)」の登場だね!
ツマコ
出ました!夜帷(とばり)ちゃん!
クールだけど、とんでもない野望を持つ女スパイ!
ギャップがすごいしクセが強すぎるけど本当にこういうキャラ好きだわ。
エイジ
欲しいと思っていたキャラに、一癖も二癖もつけてブッ混んでくるし‥ワシも完全に腹筋崩壊でした!
これじゃあ今後の展開が気になって夜も眠れないよね!
ツマコ
夜帷ちゃんについてはネタバレするわけにはいきません。
このヤベェキャラは是非、本作品を見てご堪能ください!
というわけで『スパイファミリー・5巻』、最高に面白かったです!
本当に作者の遠藤達也先生、天才だわ!
6巻も初版で買わせていただきますって心から思ったエイジとツマコでした。

まとめ

読んでいただきありがとうございますっ!

最後にまとめとして、さほどオタクでは無い義妹夫婦に『スパイファミリー』を読んでもらったところ夫婦揃って「超絶面白い!」と言う感想をいただきました。

エイジ
なんと『スパイファミリー』は非オタな一般人でも楽しめるということが研究結果として統計的に証明されたんですね!
ツマコ
たった2人に読ませただけなのに統計とか言われても‥。
エイジ
だって統計取ろうにも漫画友達少ないんだもん!
なんたってワシは表面上は真面目な顔して働いてる隠れオタだからねっ!
べ、別にあんたのために読んでるわけじゃないんだからねっ!
ツマコ
まさか、おっさんのツンデレで締め括ることになるとは‥
最新情報をチェックしよう!