古舘春一と『ハイキュー!!』の魅力・最終回も尊すぎる件【ネタバレ注意】

引きこもり
魔法少女
古舘春一さん原作のハイキュー!!が完結したから一気読みしたいんだけど、面白いのかな?
この記事はそのような疑問、要望についてお答えしていますが、意にそぐわないと感じる方も稀にいらっしゃいます。その際はそっと離脱してください。でも出来れば最後まで‥何とぞ〜。

古舘春一と『ハイキュー!!』・最終回も尊すぎる件【ネタバレ注意】

終わったー!

あの「ハイキュー!!」が少年ジャンプ本誌で終わっちまったー‼︎

エイジ
大好きなノヤっさんやにもう会えないなんて‥。
ツマコ
うわ!めっちゃ泣いてる‥このおっさん大丈夫かな?

そんなわけで少年ジャンプの人気作がここ最近続々と完結する中、ついに「ハイキュー!!」も最終回を迎えました。

ハイキュー!!・現在の状況(2020年7月21日現在)
・全402話、コミックス最新43巻まで発売、45巻で完結予定
・コミックス累計発行部数3800万部
・アニメ第4期放送中
・舞台、演劇などメディアミックス多数

ちなみに「ハイキュー!!」は排球という意味で、その名の通り主に烏野高校男子バレーボール部の活躍を描いた大人気バレーボール漫画で、現在連載中の作品の中ではワンピースに次ぐ長期連載作品でした。

そして「ハイキュー!!」が終了したことで、なんと週刊少年ジャンプにはスポーツ漫画の連載はとうとうゼロという状態に‥。

東京2020オリンピック目前にこの状況はマズすぎじゃね?って個人的には思いますが、どうなんでしょうね‥。

そもそも「ハイキュー!! 」もガッツリ、オリンピックを意識した展開になっており、この時期に連載が終了したことでオリンピック開催に合わせて連載が終了する予定だったと推測できます。

エイジ
最終回ラスト2ページの演出がたまんねぇ!終わったと思わせてバーン!尊い!

今回の最終回を見れば分かりますが、東京2020オリンピックが開催されていれば確実にもっと多くのメディアミックスを展開していたことでしょう。

エイジ
コロナめ!全部てめーのせいだ!こんちきしょー!
ツマコ
旦那が情緒不安定すぎる‥。

それはさておき「ハイキュー!! 」が素晴らしい作品であったことは間違いありません。

何より作者の古舘春一先生の才能は特筆すべきものがあり、これまでのスポーツ漫画の常識を覆すものでした。

ここからは個人的に何が最高だったかぶちまけていこうと思います。

エイジ
ハイキュー!!サイコー‼︎ヒャッハー!!
ツマコ
「ヒャッハー!!」とか言うやつ北斗の拳のモヒカンくらいしか居ねーと思ってたわ。

古舘春一と『ハイキュー!!』の魅力を5つ語る【ネタバレあり】

さて、ここからは「ハイキュー!!」の魅力についてビシバシ語っていきたいと思います。

まず以下の5項目に注目です。エイジの偏見による魅力ですが意外と的を得ているのです(自画自賛)。

ハイキュー!!5つの魅力‼︎
・もう全員主人公でもよくね?どのキャラもイイ奴で天国かよ!
・バレーボールのルールを知らなくても全然イイよ!
・コマ割りと効果音デザインのセンスが異常!
・急展開で目が点になったよ!
・恋愛展開が見たいやつは読むな!

以下にそれぞれ詳細に語っていきます。

もう全員主人公でもよくね?どのキャラもイイ奴で天国かよ!

ハイキュー!!をあえて一言で言うならばいわゆる昔のスポ根という言葉が当てはまらない「等身大人間成長物語」という印象をエイジは持ちました。

主人公はもちろん、とにかく敵も味方も登場人物同士の繋がりが良いんですよね。

というのも、この漫画とにかく心底嫌いになれる登場人物がいないんですよ。ある意味誰でも主人公になれるような魅力的なキャラばかりで、ぶっちゃけ誰を主人公にしても素敵な物語になってしまう気がするんです。

エイジ
主人公の日向翔陽やライバルでチームメイトの影山飛雄はもちろんだけど、脇役に至るまで誰を選んでも最高のスピンオフ作品ができるし、主人公も張れるほどの良質キャラの嵐。
ツマコ
あとはわりと誰が読んでも嫌いと言えるキャラがいないという不思議な漫画でもあるわよね。本当に最悪なキャラや鬱展開が無い漫画なのよね。
ハイキュー!!の異質なところは大ヒットスポーツ漫画の「スラムダンク」のような暴力沙汰も無ければ「黒子のバスケ」のようにある意味、特異な能力を持つキャラが出てきたり「メジャー」のように怪我に悩まされるようなこともありません。
そして主人公がグジグジ悩んでバレーボールをやめてしまうようなこともやっぱりない。
絶望的に強いキャラはもちろん出てきますけど、普通に試合をして普通に勝敗がある。でもそういう非現実的ではないリアルで今風な感じがハイキュー!!の持ち味かもしれません。
それじゃ面白くないって思うかもしれませんが、それでも全然面白いから不思議なんですよ、このハイキュー!!という漫画は。
とにかく主人公はもちろん誰もが前向きでひたむき、そしてイイ奴ばかりで友達になりたい感じなんです。
そりゃ二次創作もたくさん出ちゃうよねー(^_^;)

バレーボールのルールを知らなくても全然イイよ!

「ハイキュー!!」はバレーボールのルールを知らなくても要所でちゃんと解説が入る親切設計。

なのでサッカー選手の人でも野球選手の人でも安心してお読みいただけます。

仮にルールを覚えるのが苦手という人でもノリで読んでいくだけで全然大丈夫。勝ったか負けたかは選手の表情や会話を見れば分かるし、つべこべ言わずに読めば良いと思います。

ツマコ
なんだか急に雑になったな。
エイジ
だって、別にわざわざ言うことじゃやないし、読めば面白いからイイじゃん!

あえてこんなことをピックアップしたのは「バレーボールよく知らないから読まなくてもイイや」とか言ってしまう人用です。

ぶっちゃけ今どき、ルールがわからないからと言って面白いスポーツ漫画を敬遠するような人は人生の損失なので読みましょう。

コマ割りと効果音デザインのセンスが異常!

前述したようにハイキュー‼︎に登場するキャラはイイ奴ばかり。

エイジ
そんな作風から推測するに、おそらく作者の古舘春一先生はめちゃくちゃいい人!
ツマコ
古舘先生が男性か女性か気になるところね。繊細な描写が多いし強いキャラへの愛情を感じる点で女性作家だと私は思うわ。

作者の古舘春一先生については男性か女性かの公表はされていませんが、とにかくバレーボールが好きという気持ちはひしひしと伝わってきます。

古舘春一先生について分かっていること
・ペンネームは古舘春一(本名、性別は不明)
・生年月日は1983年3月7日(現在37歳)
・出身地、岩手県軽米町
・高校時代はバレーボール部に所属、ポジションはミドルブロッカー
・仙台デザイン専門学校卒

上記のような感じで、やはりバレーボール経験者ということでバレーボール愛がすごいです。

そしてデザインの専門学校でデザインの勉強をしていたというところもポイントですね。

とにかくハイキュー!!はバレーボールの躍動感はもちろん、試合中のダイナミックはコマ割りが抜群にうまい!
そして効果音などのカタカナをそのまま矢印化してスピード感を出したりなど、デザイン的にもめちゃカッコイイ表現を使ってくるんです。

デザイナーとして勉強したことがバッチリ漫画に生かされている!

エイジ
デザイナーはやっぱ最高の仕事!古舘先生の最高のセンスはデザイナーだった頃の経験があってこそ!みんなデザインの勉強しようぜ!
ツマコ
こいつ自分の本職がデザイナーだからって完全に脱線しやがった。読者が記事から離脱したらオマエのせいだからな。

そんなわけでデザイナーになりたい人はエイジの「クリエイジブ!」というブログを読みましょうm(_ _)m。

話が逸れましたが、とにかくハイキュー!!は作画センスも抜群の漫画だということも覚えておいて欲しいと思います。

急展開で目が点になったよ!(※ネタバレ注意項目です!)

そして何よりびっくりしちゃうのが、ストーリー展開!

忘れもしない第365話で衝撃展開が訪れます。

念願の春高バレー出場の切符を掴んだ烏野高校、競合を撃破しながら勝ち進んだ準々決勝の激戦の最中、主人公の日向は高熱を出してしまい試合途中で無念の離脱をしてしまいます。
ちなみにこの時、日向はまだ高校一年生で普通にストーリー展開の予測としては以下でしょう。

・日向を欠いた烏野高校は涙の敗退を喫する→翌年からの烏野高校バレーボール部を描く
・日向抜きで烏野高校が勝利を納め準決勝にコマを進める→準決勝、決勝のドラマを描く

普通に考えればこのどちらかですよね。

エイジ
ところがどっこい!完全に予想外の展開が待っているんですよ、この漫画っ!
ツマコ
あの展開はオラも驚れーたぞ!
エイジ
驚きのあまり悟空っぽい言葉出ちゃうよね!あれで驚かない人は人工知能か人の心を理解しないサイコパスのどちらかだね。
ツマコ
ここからはわりと重要なネタバレを含むので見たくない人は見ないでね♡
春高バレーの準々決勝で敗れた烏野高校、ここまでは普通に理解できますが、びっくりしちゃうのはその後。なんと物語の舞台は突然ブラジルに飛んでしまいます。
そして何故かそこでビーチバレーをしている主人公の日向翔陽。しかも5年後とな⁉︎
あまりにも時間と場面転換が激しく一瞬別の漫画かと思いました。
しかし読み進めると日向はバレーボールの武者修行をしていることがすぐにわかります。もちろんその修行はプロのバレーボール、そして世界を見据えたものなのです。
いきなりのスケールの大きさに驚きながらも、同時にものすっごい寂しさ!
エイジ
少なくともあと2年は主人公の高校バレーを描けたのに、それをバッサリと切りやがった!
3年の先輩たちが居なくなった後の主人公や烏野高校の活躍をまだまだ見たいと思った読者はワシだけじゃないはずだ!
ツマコ
すんごい思い切りの良さだよね。マジでこの作者はただものじゃないって思ったよ。
エイジ
でもワシは予想を裏切る漫画は大好物なので、あの瞬間にさらに「ハイキュー!!」の株が上がったことは言うまでもない。
ツマコ
高校バレーの続きはいくらでも描けただろうに、それをやらなかった驚きの神展開だったわね。

恋愛展開が見たいやつは読むな!

「ハイキュー!!」の魅力を語る上で、やはり恋愛要素について触れないわけにはいきません。
何故なら恋愛大好きっ子がスイートな展開を期待してしまう場合もあるからです。
そんな恋愛大好きっ子に言わせていただくと「ハイキュー!!」にはぶっちゃけ恋愛要素はほぼゼロです。
ハイキュー!!には女子キャラとして烏野高校男子バレー部を支える可愛いマネージャーが2人いるのですが、恋愛描写はほぼないのでラブストーリーが好きな人は「ニセコイ」を、ラッキースケベが好きな人は 「To LOVEる -とらぶる-」を読むことをおすすめします。
ちなみに最終回に近いところで烏野バレー部のある男とマネージャーの片方が既に結婚した形で登場するという緊急事態が起こりTwitterをざわつかせますがそれはまた別のお話し‥。
誰と誰が結婚するのか是非「ハイキュー!!」を読んで確かめてみてください。
エイジ
潔子センパイか仁花ちゃんかどっちじゃー⁉︎知ってるけどー!
ちなみにワシは潔子センパイの黒ストッキングが大好きです!
ツマコ
男女から人気があるのが潔子センパイで男からの人気が高いのが仁花ちゃんだね!

古舘春一先生!日向翔陽くんが少年ジャンプで飛び過ぎてます!

最後にどうでもいい豆知識を皆さんにお届けしてこの記事を締め括ります。

説明するまでもないですが「ハイキュー!!」は圧倒的に身長が低いというハンデを抱えた主人公が人一倍強い負けん気で努力しながらバレーボールで活躍すると言う激アツなスポーツ漫画です。

そんな主人公・日向翔陽が実際に試合でどれだけ高くジャンプしているのか気になる人は多いのではないでしょうか?

ツマコ
流石にどうでもよくない?
エイジ
日向がどれだけ飛んでいるのか考えただけでワシは夜も眠れなかったのに‥
ツマコ
いや普通に寝てただろ

主人公・日向翔陽の身長は最終章でVリーグを戦っていた22歳という年齢でもたったの172センチ。

そんな身長でスパイカーとしてバチコーン!とスパイクを打つためにはとんでもなくジャンプをしなければならないわけです。

ちなみにデータ(推定も含む)は以下の通り。

・日向翔陽の身長172㎝、指を伸ばした高さ(指高)220㎝
・男子バレーボールのスパイク時の世界レベルでの最高到達点は345㎝くらい

ここまで分かっていればあとは簡単、垂直跳びの高さを割り出すには最高到達点から指高を差し引けば計算できます。

つまり‥
世界レベル最高到達点345㎝−日向翔陽指高220㎝=125㎝(日向垂直跳びの高さ)

出ました!日向翔陽の垂直跳びの高さは推定125㎝!!

ちなみに垂直跳びは、あのマイケルジョーダンで122㎝、そして世界で最も最高到達点の高いバレーボール選手はレオネル・マーシャル選手が記録しており垂直跳びの記録は127㎝ということです。

エイジ
なんとマイケルジョーダンよりもジャンプしちゃう、すんげー主人公・日向翔陽!
ツマコ
世界記録にも迫る勢いね。
エイジ
古舘先生!日向翔陽が飛び過ぎてますよー‼︎
でもジャンプが得意な日向翔陽だからこそ少年ジャンプで愛されたということもあるよね‼︎
ツマコ
ワォ!なんて強引な締め括りざんしょ!

まとめ

今回も離脱せずにまとめまで辿り着いた、あなたに感謝申し上げます。

こんなヲタなブログ「ヲタヨリ。」をこれからもどうぞご贔屓に。

「ヲタヨリ。」ではこのような、くだらなくも、ためになるヲタクな情報が盛り沢山。記事をたくさん書いておりますので是非いろいろ読んでみてくださいね。

今後とも「ヲタヨリ。」をよろしくお願いいたします。

最新情報をチェックしよう!